Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C MEX ファイルの mxArray を埋める

オプション

C 行列 API を使用して、データを C MEX ファイルから mxArray に移すことができます。使用する関数はアプリケーションのデータ型によって変わります。double データ型に対しては、関数 mxSetDoubles と関数 mxGetDoubles を使用します。double 以外の数値データの場合、いずれかの型付きデータ アクセス関数を使用します。数値以外のデータに対しては、関数 mxCreateString の例を参照してください。

以下の例では変数 data を使用して計算ルーチンからのデータを表します。それぞれの例で関数 mxCreateNumericMatrix を使用して mxArray を作成し、data を入力して出力引数 plhs[0] として返します。

複素数データがある場合や、型が double でない場合、C MEX ファイルでの型付きデータ アクセス関数を使用します。型付きデータ アクセス関数は、インターリーブされた複素数 C 行列 API の一部です。mex -R2018a オプションを使用して MEX 関数をビルドしてください。

データの mxArray への直接コピー

arrayFillGetPr.c の例では、関数 mxGetDoubles を使用して data からの値を plhs[0] にコピーします。

データの指定

arrayFillSetPr.c の例では、関数 mxSetDoubles を使用して plhs[0]data を指すようにします。arrayFillSetPrComplex.c の例では、関数 mxSetComplexDoubles を使用して複素数 data を指すようにします。

arrayFillSetData.c の例では、double 以外の数値型について、mxArray を埋める方法を説明しています。

参考

| | |

関連するトピック