ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モルフォロジー演算

膨張、収縮、復元、その他のモルフォロジー演算の実行

"モルフォロジー" とは、イメージを処理する過程で形状ベースの画像処理操作の総称です。モルフォロジー演算では、イメージ内の各ピクセルは近傍の他のピクセルの値に基づいて調整されます。近傍のサイズと形状を選択すると、入力イメージの特定の形状に敏感なモルフォロジー演算を作成できます。

関数

すべて展開する

imerodeイメージの収縮
imdilateイメージの膨張
imopenイメージのモルフォロジー オープニング
imcloseイメージにモルフォロジー クロージングを行う
imtophatトップ ハット フィルター処理
imbothatボトム ハット フィルター処理
imclearborderイメージ境界と連結している明るい構造を非表示にする
imfillイメージ領域と穴の塗りつぶし
bwhitmissバイナリ ヒットミス演算
bwmorphバイナリ イメージのモルフォロジー演算
bwmorph3バイナリ ボリュームのモルフォロジー演算
bwperimバイナリ イメージのオブジェクトの周囲を検出
bwskelすべてのオブジェクトを 2 次元のバイナリ イメージまたは 3 次元のバイナリ ボリュームの線に縮小
bwulterode最終的な収縮
imreconstructモルフォロジー再構成
imregionalmax局所的な最大値
imregionalmin局所的な最小値
imextendedmax拡張 maxima 変換
imextendedmin拡張 minima 変換
imhmaxH-maxima 変換
imhminH-minima 変換
imimposemin最小値を挿入
strelモルフォロジー構造化要素
offsetstrelモルフォロジー オフセット構造化要素
conndef連結性配列の作成
iptcheckconn連結性引数の有効性をチェック
applylutルックアップ テーブルを使用したバイナリ イメージの近傍演算
bwlookup ルックアップ テーブルを使用した非線形フィルター処理
makelutbwlookup で使用するルックアップ テーブルを作成
bwpackバイナリ イメージをパック
bwunpackバイナリ イメージのアンパック

トピック

モルフォロジーの要素

モルフォロジー演算のタイプ

最も基本的なモルフォロジー演算は膨張と収縮です。膨張と収縮を組み合わせて、より特化した演算を行うことができます。

モルフォロジー再構成

モルフォロジー再構成は、マークされたオブジェクトをオブジェクトのサイズや形状を変更することなくイメージから抽出する際に使用します。

構造化要素

構造化要素は、各ピクセルの処理に使用される近傍を定義します。構造化要素は、イメージ内にある、処理するオブジェクトのサイズと形状に影響します。

モルフォロジーの境界パディング

モルフォロジーの膨張と収縮は、さまざまな方法でイメージの境界をパディングして、境界の影響を回避します。

ピクセルの連結性

連結性は、中心ピクセルと隣接するピクセルが同じオブジェクトに属するかどうかを決定します。

ルックアップ テーブル演算

ルックアップ テーブルはベクトルであり、その中の各要素は近傍内のピクセルの異なる組み合わせを表します。ルックアップ テーブルは膨張および収縮のカスタム処理を行う際に有用です。

モルフォロジーの応用

イメージの膨張による形状の拡大

膨張により、オブジェクトの境界にピクセルが追加されます。膨張によりオブジェクトの可視性が増し、オブジェクト内の小さな穴が埋まります。

イメージの収縮による細い線の除去

収縮により、オブジェクトの境界からピクセルが除去されます。収縮により孤立した領域や小さなオブジェクトがなくなり、実質的なオブジェクトだけが残ります。

モルフォロジー オープニングを使用した大きなイメージの特徴の抽出

モルフォロジー オープニングを使用して、イメージから小さなオブジェクトを除去できます。

塗りつぶし操作

塗りつぶし操作は、一様なピクセル値を連結ピクセルに割り当て、オブジェクトの境界で停止します。

注目の例