Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

imhmax

説明

J = imhmax(I,H) は、強度イメージ I の高さが H より小さいすべての最大値を非表示にします。局所的な最大値は、同じ強度値をもつ連結要素のピクセルで、その外側の境界のピクセル値はすべてこの強度値より小さい値です。

J = imhmax(I,H,conn) は H-maxima 変換を計算します。ここで、conn は連結性を指定します。

すべて折りたたむ

複数の最大値をもつ 0 のシンプルなサンプル配列を作成します。

a = zeros(10,10);
a(2:4,2:4) = 3;  
a(6:8,6:8) = 8
a = 10×10

     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     3     3     3     0     0     0     0     0     0
     0     3     3     3     0     0     0     0     0     0
     0     3     3     3     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     8     8     8     0     0
     0     0     0     0     0     8     8     8     0     0
     0     0     0     0     0     8     8     8     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0

4 以上の最大値を計算します。3 に設定されたイメージの領域は含まれていません。

b = imhmax(a,4)
b = 10×10

     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     4     4     4     0     0
     0     0     0     0     0     4     4     4     0     0
     0     0     0     0     0     4     4     4     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージは、任意の次元の数値配列として指定します。

例: I = imread('glass.png');

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

H-maxima 変換。非負のスカラーとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ピクセルの連結性。次の表のいずれかの値を指定します。既定の連結性は 2 次元イメージでは 8、3 次元イメージでは 26 です。

平均

2 次元連結性

4 連結

ピクセルのエッジの部分が接触している場合、ピクセルは連結されます。ピクセルの近傍は水平方向または垂直方向に隣接するピクセルです。

8 連結

ピクセルのエッジまたはコーナーが接触している場合、ピクセルは連結されます。ピクセルの近傍は水平方向、垂直方向または対角方向に隣接するピクセルです。

3 次元連結性

6 連結

面が接触している場合、ピクセルは連結されます。ピクセルの近傍は次のように隣接するピクセルです。

  • 次のいずれかの方向: 奥、手前、左、右、上および下

18 連結

面またはエッジが接触している場合、ピクセルは連結されます。ピクセルの近傍は次のように隣接するピクセルです。

  • 次のいずれかの方向: 奥、手前、左、右、上および下

  • 右下または上の奥など、2 つの方向の組み合わせ

26 連結

面、エッジまたはコーナーが接触している場合、ピクセルは連結されます。ピクセルの近傍は次のように隣接するピクセルです。

  • 次のいずれかの方向: 奥、手前、左、右、上および下

  • 右下または上の奥など、2 つの方向の組み合わせ

  • 右上の奥または左下の奥など、3 つの方向の組み合わせ

高次元の場合、imhmax は既定値 conndef(ndims(I),'maximal') を使用します。

連結性は、01 から成る 3 × 3 × ... × 3 行列を指定し、任意の次元に対してより一般的に定義することもできます。1 の値を持つ要素は、conn の中心要素に対する近傍の位置を定義します。conn は、その中心要素に関して対称でなければなりません。詳細については、カスタム連結性の定義を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

変換後のイメージ。I と同じサイズとクラスの数値配列として返されます。

参照

[1] Soille, P. Morphological Image Analysis: Principles and Applications. Springer-Verlag, 1999, pp. 170-171.

拡張機能

R2006a より前に導入