ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コントラストの調整

コントラストの調整、ヒストグラム均等化、無相関ストレッチ

コントラスト調整では、イメージ強度の値をデータ型の表示範囲全体にマッピングし直します。コントラストのよいイメージでは黒と白の間にはっきりとした違いがあります。

説明のために、左側のイメージはコンストラストが悪く、強度の値が範囲の中央部分に偏っています。右側のイメージはコンストラストがより高く、強度の値が範囲全体である [0, 255] を埋めています。コントラストの高いイメージでは、ハイライトがより明るく、影がより暗く見えます。

ここで説明する関数は主にグレースケール イメージに適用されます。しかし、中にはカラー イメージに適用できるものもあります。これらの関数がカラー イメージにどのように適用されるかは、個々の関数のリファレンス ページを参照してください。

関数

imadjustイメージの強度値またはカラーマップの調整
imadjustnN 次元ボリューム イメージの強度値の調整
imcontrastコントラスト調整ツール
imsharpenアンシャープなマスキングを使用したイメージのシャープ化
imflatfield2 次元イメージのフラットフィールド補正
imreducehaze大気によるかすみの低減
locallapfiltイメージの高速な局所ラプラシアン フィルター処理
localcontrastイメージのエッジ保存型の局所的コントラスト操作
localtonemap局所的なコントラストを強調しながら HDR イメージを表示用にレンダリング
histeqヒストグラム均等化を使用したコントラストの強調
adapthisteqコントラストに制限を付けた適応ヒストグラム均等化を実行 (CLAHE)
imhistmatch参照イメージのヒストグラムに一致させるために 2 次元イメージのヒストグラムを調整
imhistmatchn参照イメージのヒストグラムと一致させるために N 次元イメージのヒストグラムを調整
decorrstretch無相関ストレッチをマルチチャネル イメージに適用
stretchlimコントラスト ストレッチ イメージの範囲の確認
intlutルックアップ テーブルを使った整数値の変換
imnoiseイメージにノイズを付加

トピック

ガンマ補正

ガンマ補正では、強度値の非線形マッピングでコントラストを調整できます。

対話型のコントラスト調整

イメージ ビューアー アプリのコントラスト調整ツールを使用すると、コントラストと輝度を対話的に調整できます。

イメージ ビューアー アプリでのイメージ コントラストの調整

強度値のヒストグラムを操作するか、またはウィンドウとレベルを設定することで、イメージのコントラストを調整できます。

コントラスト調整範囲の指定

入力値と出力値の範囲を指定できます。オプションで、イメージのヒストグラムに基づいて自動的に範囲を設定できます。

指定した範囲へのイメージの強度値の調整

この例では、使用可能な強度の範囲全体 [0, 255] が満たされるようにデータ値をマッピングし直して、グレースケール イメージでコントラストを上げる方法を説明します。

ヒストグラム均等化

ヒストグラム均等化は、出力イメージのヒストグラムを指定されたヒストグラムにマッピングすることによって、イメージ強度を自動的に調整します。

適応ヒストグラム均等化

適応ヒストグラム均等化はイメージ内の小さな領域のイメージ強度を調整します。

無相関ストレッチを使用した色分離の改善

無相関ストレッチは、イメージの色分離を強調することで、視覚的な解釈を向上し、その特徴を見分けやすくします。

注目の例