ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

近傍処理とブロック処理

フィルター処理と I/O 処理のための近傍とブロックの定義

特定の画像処理演算は、一度にイメージ全体を処理するのではなく、セクション内の 1 つのイメージを処理します。スライディング近傍演算は、各ピクセルの近傍にアルゴリズムを適用して、1 つのイメージを一度に 1 ピクセルずつ処理します。個別ブロック処理では、イメージがオーバーラップのないサイズの等しいブロックに分割され、各個別ブロックにアルゴリズムが適用されます。その後、近傍とブロックが再度組み合わされ、出力イメージを形成します。

関数

blockprocイメージの個別ブロック処理
bestblkブロック処理に最適なブロック サイズを決定
nlfilter一般的なスライディング近傍演算
col2im行列の列をブロックに再配置
colfilt列方向の近傍演算
im2colイメージ ブロックを列行列に再配置

クラス

ImageAdapterイメージ I/O のインターフェイス

トピック

近傍処理とブロック処理: 概要

イメージをブロックまたは近傍と呼ばれるセクションに分割し、イメージの処理に必要なメモリを削減します。

スライディング近傍演算

スライディング近傍演算は、ピクセルの近傍の情報を使用して一度に 1 ピクセルずつ実行されます。

個別ブロック処理

個別ブロック処理は、イメージを個別に処理可能なオーバーラップのない四角形のセクションに分割します。

ブロックのサイズとパフォーマンス

大きなブロック サイズでは全体の計算時間は減少しますが、各ブロックを処理するためにより多くのメモリが必要になります。

列方向の処理を使用して、スライディング近傍または個別ブロック演算を高速化する

スライディング近傍および個別ブロックを変形して画像処理の実行時間を短縮します。

サポートされない形式のイメージ ファイルに対するブロック処理の実行

ブロック処理関数でサポートされないファイル形式でイメージ データを操作するには、領域に基づいてファイルを管理するクラスを作成します。

注目の例