Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

指定した範囲へのイメージの強度値の調整

この例では、使用可能な強度の範囲全体 [0, 255] を埋めるようにデータ値をマッピングし直して、低コントラストのグレースケール イメージでコントラストを強める方法を説明します。

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');

imadjust を使用してイメージのコントラストを調整します。

J = imadjust(I);

元のイメージと調整されたイメージを並べて表示します。調整されたイメージのコントラストが高くなっています。

imshowpair(I,J,'montage')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type image.

調整されたイメージのヒストグラムをプロットします。調整されたイメージのヒストグラムは範囲全体にわたっています。

figure
subplot(1,2,1)
imhist(I,64)
subplot(1,2,2)
imhist(J,64)

Figure contains 4 axes. Axes 1 contains an object of type stem. Axes 2 contains 2 objects of type image, line. Axes 3 contains an object of type stem. Axes 4 contains 2 objects of type image, line.