ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

stretchlim

コントラスト ストレッチ イメージの範囲の確認

説明

lowhigh = stretchlim(I) は、グレースケール イメージまたは RGB イメージ I のコントラスト ストレッチに使用可能な下限と上限を計算します。この範囲は、lowhigh に返されます。既定の設定で、範囲は、すべてのピクセル値の下位 1% と上位 1% を指定します。

オプションで、範囲の計算を GPU を使用して実行できます (Parallel Computing Toolbox™ が必要)。詳細は、GPU での画像処理を参照

lowhigh = stretchlim(I,Tol) は、低いピクセル値と高いピクセル値で飽和するイメージの割合 Tol を指定します。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('pout.tif');
figure
imshow(I)

範囲を設定する stretchlim を使用してイメージのコントラストを調整し、結果を表示します。この例では、上側 1%、下側 1% で飽和する既定の範囲 [0.01 0.99] を使用します。

J = imadjust(I,stretchlim(I),[]);
figure
imshow(J)

グレースケール イメージを読み取り、gpuArray を作成します。

gpuarrayI = gpuArray(imread('pout.tif'));
figure, imshow(gpuarrayI)

範囲を設定する stretchlim を使用してイメージのコントラストを調整します。結果を表示します。

gpuarrayJ = imadjust(gpuarrayI,stretchlim(I),[]);
figure, imshow(gpuarrayJ)

入力引数

すべて折りたたむ

コントラスト ストレッチが行われるイメージ。2 次元のグレースケール イメージまたは RGB イメージとして指定されます。

GPU を使用して範囲を計算するには、I を 2 次元のグレースケール イメージまたは RGB イメージを含む gpuArray として指定します。

例: I = imread('pout.tif');

例: I = imread('peppers.png');

例: I = gpuArray(imread('pout.tif'));

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

飽和するイメージの割合。[0 1] を範囲とする数値スカラーまたは 2 要素ベクトル [Low_Fract High_Fract] として指定します。

説明
スカラーTol がスカラーの場合、Low_Fract = Tol および High_Fract = 1 - Low_Fract となり、低ピクセル値と高ピクセル値において同じ割合で飽和します。
0Tol = 0 の場合は、lowhigh = [min(I(:)); max(I(:))] となります。
既定の設定引数 Tol を省略すると、[Low_Fract High_Fract] は既定の [0.01 0.99] (飽和 2%) を使用します。
過大低ピクセル値と高ピクセル値を飽和した後にピクセルが残らなくなるほど、Tol が大きすぎる場合、stretchlim[0 1] を返します。

例: lohi = stretchlim(I,[.02 .80]);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

コントラスト ストレッチの下限と上限。次のいずれかとして返されます。

  • I がグレースケール イメージの場合、2 要素数値ベクトル。

  • I が RGB イメージの場合、2 行 3 列の数値行列。列が 3 つのカラー チャネルそれぞれの上限と下限を示します。

GPU を使用して範囲を計算する場合、lowhigh は 2 要素数値ベクトルまたは 2 行 3 列の数値配列を含む gpuArray として返されます。

データ型: double

ヒント

  • 範囲 lowhigh を使用してイメージ I のコントラストを調整するために、関数 imadjust を使用します。

拡張機能

R2006a より前に導入