Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

imsharpen

アンシャープなマスキングを使用したイメージのシャープ化

説明

B = imsharpen(A) は、アンシャープ マスキングの手法を使用して、グレースケールまたはトゥルーカラー (RGB) のイメージ A をシャープ化します。

B = imsharpen(A,Name,Value) は、アンシャープ マスキングの特性を制御する名前と値の引数を使用します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

a = imread('hestain.png');
imshow(a)
title('Original Image');

Figure contains an axes object. The axes object with title Original Image contains an object of type image.

関数 imsharpen を使用してイメージをシャープ化し、それを表示します。

b = imsharpen(a);
figure, imshow(b)
title('Sharpened Image');

Figure contains an axes object. The axes object with title Sharpened Image contains an object of type image.

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

a = imread('rice.png');
imshow(a), title('Original Image');

Figure contains an axes object. The axes object with title Original Image contains an object of type image.

radius および amount のパラメーターを指定して、イメージをシャープにします。

b = imsharpen(a,'Radius',2,'Amount',1);
figure, imshow(b)
title('Sharpened Image');

Figure contains an axes object. The axes object with title Sharpened Image contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

シャープ化されるイメージ。グレースケール イメージまたは RGB イメージとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

例: B = imsharpen(A,Radius=1.5); はガウス ローパス フィルターを使用してシャープ化を実行します。標準偏差は 1.5 です。

R2021a より前では、コンマを使用して名前と値の各ペアを区切り、Name を引用符で囲みます。

例: B = imsharpen(A,"Radius",1.5);

ガウス ローパス フィルターの標準偏差。正の数値として指定します。この引数は、シャープ化の影響を受けるエッジ ピクセルの周辺領域のサイズを制御します。値が高いとシャープ化されるエッジ周辺の領域が大きくなり、値が低いとシャープ化されるエッジ周辺の領域が小さくなります。

例: Radius=1.5

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

シャープ化効果の強度。数値として指定します。値が大きいほど、シャープ化されるピクセルのコントラストが強くなります。このパラメーターの通常の値は [0, 2] の範囲内ですが、2 より大きい値を指定することもできます。この引数の値が大きすぎると、出力イメージに望ましくない効果が現れることがあります。

例: Amount=1.2

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ピクセルがエッジ ピクセルと見なされるのに必要な最小限のコントラスト。範囲 [0, 1] の数値として指定します。大きい値 (1 に近い) を指定すると、低コントラストの領域はそのままにして、強いエッジのような高コントラスト領域のみをシャープにできます。小さい値 (0 に近い) では、イメージの比較的滑らかな領域も加えてシャープにできます。この引数は、出力イメージでノイズのシャープ化を回避するのに役立ちます。

例: Threshold=0.7

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

シャープ化されたイメージ。入力イメージ A とサイズとデータ型が同じである数値配列として返されます。

詳細

すべて折りたたむ

シャープ化

鮮鋭度とは、さまざまな色の間のコントラストのことです。黒から白に急に切り替わっていると、シャープに見えます。黒から白へと徐々に切り替わっていると、不鮮明に見えます。イメージをシャープにすると、異なった色が交わるエッジに沿ってコントラストが強調されます。

アンシャープ マスキング

アンシャープ マスキング手法は、イメージ本体からその不鮮明 (アンシャープ) な版を差し引いてイメージをシャープにする、出版業界での処理過程から生まれたものです。このフィルターの名前は紛らわしいので注意してください。アンシャープ フィルターはイメージをシャープにするために使用される演算子です。

ヒント

  • A がトゥルーカラー (RGB) イメージである場合、imsharpen はイメージを "L*a*b*" 色空間に変換し、シャープ化を "L*" チャネルのみに適用して、変換によりイメージを RGB 色空間に戻してから出力イメージ B として返します。

拡張機能

バージョン履歴

R2013a で導入

すべて展開する