ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ内の関心領域のシャープ化

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');
imshow(I)

イメージ上に関心領域を描画し、フィルター処理する領域を指定します。関数 drawcircle を使用し、円の中心と円の半径を指定して関心領域を作成します。代わりに円を対話形式で描画する場合は、円の中心または半径を指定しないでください。

hax = drawcircle(gca,'Center',[115 69],'Radius', 60);

関数 createMask を使用し、ROI を指定してマスクを作成します。

mask = createMask(hax);

フィルターとして使用する関数を定義します。次に示す f という関数は、入力イメージ x を関数 imsharpen に渡し、名前と値のペアの引数 'Amount' を使用してシャープ化効果の強度を指定します。

f = @(x)imsharpen(x,'Amount',3)
f = function_handle with value:
    @(x)imsharpen(x,'Amount',3)

関数 roifilt2 を使用し、イメージ、マスク、およびフィルター関数を指定して、ROI をフィルター処理します。

J = roifilt2(I,mask,f);

結果を表示します。

imshow(J)

参考

| | | |