ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imopen

イメージのモルフォロジー オープニング

構文

J = imopen(I,SE)
J = imopen(I,nhood)

説明

J = imopen(I,SE) は、グレースケールまたはバイナリ イメージ I 上でモルフォロジー オープニングを行い、オープニングされたイメージ J を返します。SE は関数 strel または offsetstrel で返される単一の構造化要素オブジェクトです。モルフォロジー オープニングは、収縮の後に膨張を行います。両方の処理に対して、同じ構造化要素を使用します。

オプションで、オープニングを GPU を使用して実行できます (Parallel Computing Toolbox™ が必要)。詳細は、GPU での画像処理を参照

J = imopen(I,nhood) は、イメージ I をオープニング処理します。ここで、nhood は、構造化要素近傍を指定する 0 と 1 から構成される行列です。これは、構文 imopen(I,strel(nhood)) と等価です。関数 imopen は、floor((size(nhood)+1)/2) で近傍の中心要素を決定します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

original = imread('snowflakes.png');
imshow(original);

半径 5 ピクセルの円板型の構造化要素を作成します。

se = strel('disk',5);

半径 5 ピクセル未満の雪片を、円板型の構造化要素を使ったオープニングによって除去します。

afterOpening = imopen(original,se);
figure
imshow(afterOpening,[]);

イメージを読み取ります。

 original = imread('snowflakes.png');

円板型の構造化要素を作成します。

se = strel('disk',5);

GPU で gpuArray オブジェクトを使用してイメージのモルフォロジー オープニングを行い、イメージを表示します。

afterOpening = imopen(gpuArray(original),se);
figure, imshow(original), figure, imshow(afterOpening,[])

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。グレースケール イメージまたはバイナリ イメージとして指定します。I は任意の次元で、実数かつ非スパースでなければなりません。

GPU を使用してオープニングを実行するには、Iuint8 型または logical 型のイメージを含む gpuArray として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | logical

構造化要素。単一の strel オブジェクトまたは offsetstrel のオブジェクトとして指定します。イメージ I がデータ型 logical である場合、構造化要素はフラットでなければなりません。

GPU を使用してオープニングを実行する場合、SE はフラットかつ 2 次元でなければなりません。

構造化要素近傍。0 と 1 から成る行列として指定します。

例: [0 1 0; 1 1 1; 0 1 0]

出力引数

すべて折りたたむ

オープニングされたイメージ。グレースケール イメージまたはバイナリ イメージとして返されます。J は入力イメージ I と同じクラスです。

GPU を使用してオープニングを実行する場合、JI と同じクラスのグレースケール イメージまたはバイナリ イメージを含む gpuArray として返されます。

拡張機能

参考

関数

オブジェクト

R2006a より前に導入