最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スコープおよびデータ ログ

データの表示と記録

DSP スコープは、ハードウェアに基づくインターフェイスを使用してストリーミングおよびリアルタイム データを可視化します。測定値、カーソル、トリガーおよびマスクを使用して、ストリーミング データを視覚的に検査および解析します。MATLAB® では、スコープ System object を使用してストリーミング データを可視化できます。Simulink® では、Scope ブロックまたはアプリを使用して信号を可視化したり、Time Scope または To Workspace ブロックを使用してデータを MATLAB に保存できます。

System object

すべて展開する

dsp.TimeScope時間領域信号の表示と測定
dsp.SpectrumAnalyzer時間領域信号の周波数スペクトルの表示
dsp.ArrayPlotDisplay vectors or arrays
dsp.LogicAnalyzer時間の経過に沿った遷移と状態の可視化、測定および解析
dsp.SignalSinkLog simulation data in buffer

オブジェクト

すべて展開する

ArrayPlotConfigurationArray Plot block appearance and behavior
SpectrumAnalyzerConfigurationConfigure Spectrum Analyzer for programmatic access
TimeScopeConfigurationScope ブロックの外観と動作を制御
dsp.DynamicFilterVisualizerDisplay time-varying magnitude response of digital filters

ブロック

すべて展開する

Array PlotDisplay vectors or arrays
Display入力の値を表示
Spectrum Analyzer周波数スペクトルを表示
Time Scopeシミュレーション時に生成された信号を表示して解析し、信号データを MATLAB に記録
Matrix ViewerDisplay matrices as color images
WaterfallView vectors of data over time
To WorkspaceWrite data to MATLAB workspace
Triggered To WorkspaceWrite input sample to MATLAB workspace when triggered
Spectrum Analyzer周波数スペクトルを表示
Time Scopeシミュレーション時に生成された信号を表示して解析し、信号データを MATLAB に記録

Simulink 可視化ツール

ロジック アナライザー時間の経過に沿った遷移と状態の可視化、測定および解析

関数

すべて展開する

hideHide scope window
showDisplay scope window
isVisibleDetermine visibility of scope
isNewDataReadyCheck spectrum analyzer for new data
getSpectrumDataSave spectrum data shown in spectrum analyzer
getSpectralMaskStatusGet test results of current spectral mask
getMeasurementsDataGet the current measurement data displayed on the spectrum analyzer
addCursorAdd cursor to Logic Analyzer
addDividerAdd divider to Logic Analyzer
addWaveAdd wave to Logic Analyzer
deleteCursorDelete Logic Analyzer cursor
deleteDisplayChannelDelete Logic Analyzer channel
getCursorInfoReturn settings for Logic Analyzer cursor
getCursorTagsReturn all Logic Analyzer cursor tags
getDisplayChannelInfoReturn settings for Logic Analyzer display channel
getDisplayChannelTagsReturn all Logic Analyzer display channel tags
modifyCursorModify properties of Logic Analyzer cursor
modifyDisplayChannelModify properties of Logic Analyzer display channel
moveDisplayChannelMove position of Logic Analyzer display channel
stepDisplay time-varying magnitude response

トピック

スコープの構成

プログラムによる Scope ブロックの制御 (Simulink)

スクリプトのプログラミングによって Scope を制御する。

Configure Spectrum Analyzer

Customize Spectrum Analyzer properties, set up spectral masks, and use measurement tools.

Configure Array Plot

Customize Array Plot properties and use measurement tools.

Configure Time Scope

Customize scope properties and use measurement tools.

Common Scope Block Tasks

Step-by-step procedures of common scope tasks, including logging data, sharing scope images, and display manipulation

Inspect and Analyze Models in Simulink

Choose a Simulink visualization tool.

Configure Logic Analyzer

Adjust setting in the Logic Analyzer.

スコープのワークフロー

Display Time-Domain Data

Display signals in the time domain.

Display Frequency-Domain Data in Spectrum Analyzer

This example shows how you can use a Spectrum Analyzer block to display the frequency content of two frame-based signals simultaneously. The Spectrum Analyzer block computes the Fast Fourier Transform (FFT) of the input signal internally, transforming the signal into the frequency domain.

Visualize Central Limit Theorem in Array Plot

This example shows how to use and configure the dsp.ArrayPlot System object to visualize the Central Limit Theorem. This theorem states that if you take a large number of random samples from a population, the distribution of the means of the samples approaches a normal distribution.

Inspect and Measure Transitions Using the Logic Analyzer

Learn the basics of the Logic Analyzer.

時間スコープ測定値

この例では、パルス幅変調正弦波のパフォーマンス特性の測定方法を示します。

Spectrum Analyzer による測定

この例では、Spectrum Analyzer ブロックを使って測定を実行する方法を説明します。

データ ログ

Sample- and Frame-Based Concepts

Introduction to real-world sample- and frame-based signals, and how to model those signals in MATLAB and Simulink

Inspect Sample and Frame Rates in Simulink

Learn how to determine the sample and frame rates of signals in your model

信号ログを使用して、信号データをエクスポート (Simulink)

シミュレーションから信号データを取得するために、信号ログを使用できます。記録する信号をマークし、モデルに対して信号ログを有効にします。

ログ記録用の信号の構成 (Simulink)

シミュレーション データのログを記録する信号をマークします。

モデルの信号ログを有効にする (Simulink)

信号ログ用にマークされた信号のログを記録するには、[信号のログ] コンフィギュレーション パラメーターを設定します。

Common Scope Block Tasks

Step-by-step procedures of common scope tasks, including logging data, sharing scope images, and display manipulation

関連情報

Apple iOS デバイスでの配列プロット (Simulink Support Package for Apple iOS Devices)

Array Plot with Android Devices

注目の例