Main Content

dsp.SignalSink

バッファーへのシミュレーション データのログ記録

説明

dsp.SignalSink System object™ は、MATLAB® シミュレーション データのログを記録します。このオブジェクトは任意の数値データ型を受け入れます。

MATLAB シミュレーション データのログを記録する方法は次のとおりです。

  1. dsp.SignalSink オブジェクトを作成し、そのプロパティを設定します。

  2. 関数と同様に、引数を指定してオブジェクトを呼び出します。

System object の機能の詳細については、System object とは を参照してください。

作成

説明

ss = dsp.SignalSink は、オブジェクトの 2 次元入力データのログを記録する信号シンク ss を返します。

ss = dsp.SignalSink(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された信号シンク ss を返します。各プロパティ名を一重引用符で囲みます。指定していないプロパティは既定値になります。

プロパティ

すべて展開する

特に指定がない限り、プロパティは "調整不可能" です。つまり、オブジェクトの呼び出し後に値を変更することはできません。オブジェクトは呼び出すとロックされ、ロックを解除するには関数 release を使用します。

プロパティが "調整可能" の場合、その値をいつでも変更できます。

プロパティ値の変更の詳細については、System object を使用した MATLAB でのシステム設計を参照してください。

ログを記録するフレームの最大数を指定します。オブジェクトは常に最新のデータをバッファーに保持します。入力長よりも長いバッファー長を指定した場合、オブジェクトはログ データの末尾をゼロでパディングします。すべての入力データを余分なパディングなしで取得するには、BufferLength プロパティを inf に設定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fi

このプロパティを任意の正の整数 d に設定すると、信号シンクはデータを d サンプルごとに書き込みます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

フレームベース入力の出力配列次元を 2-D array (concatenate) または 3-D array (separate) として設定します。2-D array (concatenate) の連結は最初の次元に沿って行われます。

このプロパティは読み取り専用です。

信号シンクはシミュレーション データをバッファーに書き込みます。バッファーの最大長は BufferLength プロパティで指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fi

使用法

構文

説明

ss(x) は、信号 x をバッファーします。バッファーには ssBuffer プロパティからいつでもアクセスできます。

入力引数

すべて展開する

データ入力。ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | fi

オブジェクト関数

オブジェクト関数を使用するには、System object を最初の入力引数として指定します。たとえば、obj という名前の System object のシステム リソースを解放するには、次の構文を使用します。

release(obj)

すべて展開する

stepSystem object のアルゴリズムの実行
releaseリソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。
resetSystem object の内部状態のリセット

すべて折りたたむ

メモ: R2016a 以前のリリースを使用している場合、それぞれのオブジェクトの呼び出しを等価な step 構文で置き換えてください。たとえば、obj(x)step(obj,x) になります。

hlog = dsp.SignalSink;
 for i=1:10
     y = sin(i);
     hlog(y);
 end
log = hlog.Buffer; 
display(log)
log = 10×1

    0.8415
    0.9093
    0.1411
   -0.7568
   -0.9589
   -0.2794
    0.6570
    0.9894
    0.4121
   -0.5440

アルゴリズム

このオブジェクトは、To Workspace (Simulink) ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。ただし、オブジェクトは固定小数点入力に対しては常に固定小数点出力を生成します。

バージョン履歴

R2012b で導入

参考

オブジェクト