Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

スペクトル アナライザーの構成

スペクトル アナライザーを使用して周波数を可視化します。スペクトル アナライザーの表示は、必要なデータと測定情報を表示するようにカスタマイズできます。

信号とスペクトル計算情報

スペクトル アナライザーは、現在の可視化に対するスペクトル計算設定を表示します。スコープ ステータス バーで、この情報の "分解能帯域幅"、"時間分解能"、および "オフセット" インジケーターを確認します。これらのインジケーターに示される値は、[スペクトル設定] パネルの設定に応じて変化する場合があります。現在の表示に対応するシミュレーション ステータスと時間データの量も表示できます。この情報の "シミュレーション ステータス" と "表示時間" インジケーターを確認します。

Figure showing where the scope window shows the simulation status, resolution bandwidth, sample rate, time resolution, offset, and time

  • "分解能帯域幅" — 分解できる最小の正の周波数または周波数範囲。

     詳細

  • "時間分解能" — スペクトログラム ラインの時間分解能。

     詳細

  • "オフセット" — スペクトル全体に適用される定数周波数オフセットまたは複数の入力に対して各スペクトルに適用される周波数オフセットのベクトル。

     詳細

  • "シミュレーション ステータス" — モデルのシミュレーションのステータスを提供します。

     詳細

  • "時間を表示" — スペクトル アナライザーの表示を最後に更新してから進んだ時間。

     詳細

  • "周波数スパン" — スペクトル アナライザー ウィンドウの frequency 軸に表示される値の範囲。

     詳細

プロットの比率を下げて性能を改善

既定値では、スペクトル アナライザーは 20 Hz を超えないレートの固定時間間隔で表示を更新します。スペクトル アナライザーがシミュレーションの各タイム ステップでプロットする場合は、[シミュレーション][プロットの比率を下げて性能を改善] オプションを無効にできます。

メモ

このオプションを選択すると、状況によってはスペクトル アナライザーは誤解を招くスペクトルを表示する可能性があります。たとえば、入力信号がチャープ信号のように広帯域で非定常動作であっても、スペクトル アナライザーは定常スペクトルを表示する場合があります。この動作の理由は、スペクトル アナライザーが入力信号データをバッファリングし、定期的な表示更新は 1 秒に約 20 回のみ行われることにあります。そのため、スペクトル アナライザーは、発生するスペクトルの変更も更新間の経過もレンダリングせず、スペクトルが誤っているような印象になります。スペクトル推定ができるだけ正確になるようにするには、[プロットの比率を下げて性能を改善] チェックボックスをオフにします。このボックスをオフにすると、十分なデータがある場合は必ず、スペクトル アナライザーはスペクトルを計算し結果を正確にレンダリングします。

MATLAB スクリプトの生成

スペクトル アナライザーの設定は、スコープのインターフェイスのメニューとオプションを使用するか、コマンド ラインでプロパティを変更することにより、変更できます。dsp.SpectrumAnalyzer インターフェイスで設定を変更する場合、後で使用するため対応するコマンド ライン設定を生成できます。

メモ

スクリプトでは、コマンド ラインから使用可能で、現在の可視化に適用可能で、既定値から変更される設定のコマンドのみを生成します。

この例では、インターフェイスで dsp.SpectrumAnalyzer への変更を加えた後、スクリプトを生成する方法を示します。

  1. dsp.SpectrumAnalyzer System object を作成します。

    scope = dsp.SpectrumAnalyzer();
    show(scope);
  2. スペクトル アナライザーでオプションを設定します。この例の場合、カーソルの測定をオンにします。スペクトル設定でも [ビュー] タイプを [スペクトルとスペクトログラム] に変更し、[座標軸のレイアウト][水平方向] に設定します。

  3. スクリプトを生成して dsp.SpectrumAnalyzer を同じ変更設定で再作成します。[ファイル][MATLAB スクリプトの生成] を選択するか、または次を入力します。

    generateScript(scope);

    新しいエディター ウィンドウが開き、同じスコープを再生成するコードが表示されます。

    % Creation Code for 'dsp.SpectrumAnalyzer'.
    % Generated by Spectrum Analyzer on 10-Mar-2019 16:25:49 -0500.
    
    specScope = dsp.SpectrumAnalyzer('ViewType','Spectrum and spectrogram', ...
        'AxesLayout','Horizontal');
    % Cursor Measurements Configuration
    specScope.CursorMeasurements.Enable = true;

スペクトル マスク

上限と下限のマスクをスペクトル アナライザーに追加し、スペクトルの限界を可視化し、スペクトルの値を仕様値と比較します。

[スペクトル マスク] ペインを開くには、ツール バーで [スペクトル マスク] ボタン を選択します。

スペクトル マスクの設定

スペクトル アナライザー ウィンドウで次の操作をします。

  1. [スペクトル マスク] ペインで [マスク] オプションを選択します。

  2. [上限] ボックスまたは [下限] ボックスにマスク制限を定数スカラー、配列、またはワークスペース変数名で入力します。

  3. (オプション) 追加のプロパティを選択します。

    • 参照レベル — マスクの参照レベルを設定します。特定の値を入力するか、[スペクトル ピーク] を選択します。

    • チャネル — マスク参照に使用するチャネルを選択します。

    • 周波数オフセット — マスクの周波数オフセットを設定します。

コマンド ラインからスペクトル マスクを dsp.SpectrumAnalyzer System object または SpectrumAnalyzerConfiguration ブロック構成オブジェクトに追加するには、次のようにします。

  1. SpectralMaskSpecfication オブジェクトを作成します。

  2. EnabledMasksLowerMaskUpperMask などのプロパティを設定します。プロパティの一覧については、SpectralMask (ブロック) および SpectralMask (System object™) を参照してください。

  3. dsp.SpectrumAnalyzer または SpectrumAnalyzerConfiguration オブジェクトで SpectralMask プロパティを SpectralMaskSpecfication オブジェクトと等しく設定します。

次に例を示します。

mask = SpectralMaskSpecification();
mask.EnabledMasks = 'Upper';
mask.UpperMask = 10;
scope = dsp.SpectrumAnalyzer();
scope.SpectralMask = mask;
scope.SpectralMask
ans = 

  SpectralMaskSpecification with properties:

            EnabledMasks: 'Upper'
               UpperMask: 10
               LowerMask: -Inf
          ReferenceLevel: 'Custom'
    CustomReferenceLevel: 0
     MaskFrequencyOffset: 0

  Events for class SpectralMaskSpecification: MaskTestFailed

スペクトル マスクの確認

スペクトル マスクのステータスはいくつかの方法で確認できます。

  • スペクトル アナライザー ウィンドウでスペクトル マスク ボタン を選択します。[スペクトル マスク] ペインの [統計] セクションには、マスクが失敗した頻度、失敗が発生したチャネル、現在失敗しているマスクに関する統計が表示されます。

  • スペクトル マスクの現在のステータスを取得するには、getSpectralMaskStatus を呼び出します。

  • マスクに失敗するたびにアクションを実行するには、MaskTestFailed イベントを使用します。マスクに失敗したときに関数をトリガーするには、MaskTestFailed イベントのリスナーを作成し、トリガーするコールバック関数を定義します。イベントの使用の詳細については、イベントを参照してください。

スペクトル アナライザー ブロックのスペクトル マスク

この例では、dsp_basic_filter テンプレートに基づいて新しいモデルを作成する方法、スペクトル マスクをスペクトル アナライザー ブロックに追加する方法、およびモデルを実行する方法を示します。

マスクはスペクトル上に重ねられます。マスクが緑の場合、信号はパスしています。マスクが赤の場合、信号は失敗しています。[スペクトル マスク] パネルには、マスクに成功している時間の割合、失敗しているマスク、マスクに失敗した回数、失敗の原因となったチャネルが表示されます。

  [~,mdl] = fileparts(tempname);
  open_system(new_system(mdl,'FromTemplate','dsp_basic_filter'));
  saBlock = find_system(mdl,'BlockType','SpectrumAnalyzer');

  scopeConfig = get_param(saBlock{1},'ScopeConfiguration');
  upperMask = [0 50; 1200 50; 1200 -10; 24000 -10];
  scopeConfig.SpectralMask.UpperMask = upperMask;
  scopeConfig.SpectralMask.LowerMask = -100;
  scopeConfig.SpectralMask.EnabledMasks = 'Upper and lower';

  sim(mdl,'StopTime','20');

測定値パネル

[測定値] パネルとは、スペクトル アナライザーの右側に表示されるパネルです。これらの測定値を使用して、周波数値を操作できます。

トレース選択パネル

スコープを使用して複数の信号を表示すると、[トレース選択] パネルが表示されます。このパネルを使用して測定する信号を選択します。[トレース選択] パネルを開くには、以下の手順に従います。

  • メニューから、[ツール][測定値][トレース選択] を選択します。

  • 測定値パネルを開きます。

[カーソルの測定] パネル

[カーソルの測定] パネルは、スクリーン カーソルを表示します。パネルには、信号を測定するためのカーソルが 2 種類あります。波形カーソルは、信号に沿って移動する垂直方向のカーソルです。スクリーン カーソルは、表示の任意の場所に配置できる垂直および水平の両方向のカーソルです。

メモ

信号のデータ点が複数の値をもつ場合、その点におけるカーソルの測定は定義されず、カーソルの値は表示されません。

スコープ メニューから、[ツール][測定値][カーソルの測定] を選択します。スコープ ツール バーで、[カーソルの測定] ボタンをクリックします。

スペクトルの [カーソルの測定] パネルとデュアル表示:

スペクトログラム表示の [カーソルの測定] パネル。カーソルを使用するには、その前にスペクトログラム表示を一時停止しなければなりません。

マウスまたは左右の矢印キーを使用して垂直カーソルまたは波形カーソルを移動し、上下の矢印キーを使用して水平カーソルを移動できます。

[設定] ペインで、測定値の計算に使用するスクリーン カーソルの種類を変更できます。複数の信号が表示されているときは、トレースごとに個別にカーソルを割り当てることができます。

  • スクリーン カーソル — スクリーン カーソルを表示します (スペクトルおよびデュアル表示のみ)。

  • 水平方向 — 水平方向のスクリーン カーソルを表示します (スペクトルおよびデュアル表示のみ)。

  • 垂直方向 — 垂直方向のスクリーン カーソルを表示します (スペクトルおよびデュアル表示のみ)。

  • 波形カーソル — 入力信号に付加されるカーソルを表示します (スペクトルおよびデュアル表示のみ)。

  • カーソル間隔のロック — 2 つのカーソル間の周波数の差を固定します。

  • データにスナップ — 信号のデータ点にカーソルを置きます。

[測定値] ペインには、周波数 (Hz)、時間 (s)、および電力 (dBm) の測定値が表示されます。時間はスペクトログラム モードでのみ表示されます。[チャネル電力] には、カーソル間の合計電力が表示されます。

  • 1 — カーソル番号 1 に周波数、時間 (スペクトログラムの場合のみ)、または両方が表示され、変更できます。

  • 2 — カーソル番号 2 に周波数、時間 (スペクトログラムの場合のみ)、または両方が表示され、変更できます。

  • Δ — カーソル番号 1 とカーソル番号 2 の間の周波数、時間 (スペクトログラムの場合のみ)、または両方、および電力の差の絶対値を表示します。

  • チャネル電力 — カーソルで定義されたチャネルの合計電力を表示します。

各測定の対応値の後に続く文字は、SI (国際単位系) の適切な接頭辞の省略形を表します。

ピークの検出パネル

[ピークの検出] パネルには最大値が表示され、その発生する x 軸上の値も示されます。ピークは、より低い値がピークの両側にある場合に、局所的最大値として定義されます。端点はピークとは見なされません。このパネルではピークしきい値、ピークの最大数、ピーク偏位の設定を変更できます。

  • メニューから、[ツール][測定値][ピークの検出] を選択します。

  • ツール バーで、[ピークの検出] ボタンをクリックします。

[設定] パネルでは、入力信号の表示部分内のピーク値を計算するのに使用されるパラメーターを変更できます。このペインに使用されるアルゴリズムの詳細については、関数 findpeaks のリファレンスを参照してください。

設定するプロパティは、以下のとおりです。

  • [ピークしきい値] — それを超えるとピークが検出されるレベル。この設定は、関数 findpeaks を実行するときに設定できる MINPEAKHEIGHT パラメーターと等価です。

  • [ピークの最大数] — 表示するピークの最大数。入力する値は 1 から 99 までのスカラー整数でなければなりません。この設定は、関数 findpeaks を実行するときに設定できる NPEAKS パラメーターと等価です。

  • [最小ピーク距離] — 隣接するピーク間のサンプルの最小数。この設定は、関数 findpeaks を実行するときに設定できる MINPEAKDISTANCE パラメーターと等価です。

  • [ピーク偏位] — ピークとその隣接するサンプルとの高さの最小差異。次の図では、ピーク偏位がピークしきい値と共に表示されています。

    "ピークしきい値" とは、サンプル値がピークになるために必要な最小値のことです。"ピーク偏位" とは時間領域内のピーク サンプルとその左右にあるサンプルの最小差です。この図では、ラベル付けされたピークとそれに隣接するサンプル間の 2 つの高さの差のうち、小さい方を緑色の垂直線で示しています。ラベル付けされたピークがピークとして分類されるためには、高さの差が [ピーク偏位] の値より大きくなければなりません。赤色の水平線で示されているピークしきい値とこの設定を比較します。ラベル付けされたピークがピークとして分類されるためには、振幅がこの水平線より上になければなりません。

    ピーク偏位の設定は、関数 findpeaks を実行するときに設定できる THRESHOLD パラメーターと等価です。

  • [ラベル形式] — プロット上の計算されたピーク値の隣に表示する座標。ピーク値を表示するには、[ピーク] ペインを展開し、対象のそれぞれのピークに対応するチェック ボックスを選択しなければなりません。既定では、x 軸の値と y 軸の値の両方がプロット上に表示されます。表示領域上の各ピーク記号の隣に表示する軸の値を選択します。

    • [X+Y] — x 軸と y 軸の両方の値を表示します。

    • [X] — x 軸の値のみ表示します。

    • [Y] — y 軸の値のみ表示します。

[ピーク] ペインには計算された最大ピーク値が表示されます。[設定] ペインで定義したパラメーターを使用して、ピークが発生した座標も表示します。[ピークの最大数] パラメーターを設定し、一覧表示されるピークの数を指定します。

[値] 列に表示される数値は、関数 findpeaks の実行により返される出力引数 pks と等価です。第 2 列に表示される数値は、関数 findpeaks を実行すると返される出力引数 locs と同様です。

[ピークの検出] では、[ピーク] ペインにピーク値が表示されます。既定では、[ピークの検出] パネルでは、計算された最大ピーク値が [ピーク] ペインに、ピークの高い順に表示されます。

チェック ボックスを使用して、表示領域に表示するピーク値を制御します。既定ではすべてのチェック ボックスがオフになっており、[ピークの検出] パネルではすべてのピーク値が非表示となります。表示領域にすべてのピーク値を表示または非表示にするには、[ピーク] ペインの左上隅にあるチェック ボックスを使用します。

ピークは入力信号のどの単位についても有効です。各測定の対応値の後に続く文字は、mmilli を表すなど、SI (国際単位系) の適切な接頭辞の省略形を表します。たとえば、入力信号がボルト単位で測定された場合、測定値の横にある m は値がミリボルト単位であることを示します。

チャネル測定パネル

[チャネル測定] パネルには、専有帯域幅または隣接チャネル電力比 (ACPR) が表示されます。

  • メニューから、[ツール][測定値][チャネル測定] を選択します。

  • ツール バーで、[チャネル測定] ボタンをクリックします。

[チャネル測定] パネルには、測定だけでなく、展開可能な [チャネル設定] ペインがあります。

  • 測定 –– 表示する測定データのタイプ。利用可能なオプションは、[占有帯域幅] または [隣接チャネル電力比] です。占有帯域幅の計算方法の詳細については、アルゴリズムを参照してください。隣接チャネル電力比 (ACPR) はメイン チャネル電力と隣接チャネル電力の比率です。

[測定][占有帯域幅] を選択すると、次のフィールドが表示されます。

  • チャネル設定 — チャネル測定を計算するためのパラメーターを変更します。

     占有帯域幅のチャネル設定

  • チャネル電力 — チャネルの合計電力。

  • 占有帯域幅 — スペクトルの合計電力の指定された [占有帯域幅 (%)] を含む帯域幅。この設定は、[測定] タイプに [占有帯域幅] を選択した場合にのみ使用できます。

  • 周波数エラー — 占有帯域の中心とチャネルの中心周波数 (CF) の差。この設定は、[測定] タイプに [占有帯域幅] を選択した場合にのみ使用できます。

[測定][隣接チャネル電力比] を選択すると、次のフィールドが表示されます。

  • チャネル設定 — チャネル測定を計算するためのパラメーターを変更できます。

     隣接チャネル電力比のチャネル設定

  • チャネル電力 — チャネルの合計電力。

  • オフセット (Hz) — メイン チャネルの中心周波数に対する隣接チャネルの中心周波数。この設定は、[測定] タイプに [隣接チャネル電力比] を選択した場合にのみ使用できます。

  • 下側 (dBc) — 下側波帯とメイン チャネルの電力比。この設定は、[測定] タイプに [隣接チャネル電力比] を選択した場合にのみ使用できます。

  • 上側 (dBc) — 上側波帯とメイン チャネルの電力比。この設定は、[測定] タイプに [隣接チャネル電力比] を選択した場合にのみ使用できます。

歪みの測定パネル

[歪みの測定] パネルには、高調波歪みと相互変調歪みの測定値が表示されます。

  • メニューから、[ツール][測定値][歪みの測定] を選択します。

  • ツール バーで、[歪みの測定] ボタンをクリックします。

[歪みの測定] パネルには展開可能な [高調波] ペインがあり、指定された数の高調波の測定結果が表示されます。

メモ

正確な測定のためには、基本信号 (高調波の場合) または主要トーン (相互変調の場合) がスプリアス成分や高調波成分よりも大きいことを確認してください。これを行うには、スペクトラム アナライザーの分解能帯域幅 (RBW) を調整する必要がある場合があります。信号と高調波をスプリアス成分やノイズ成分から分離するのに十分なほど帯域幅が低いことを確認してください。一般に、正弦波のピークとノイズ フロアの間に少なくとも 10 dB の間隔があるように RBW を設定する必要があります。また、有効な測定値を取得するため別のスペクトル ウィンドウを選択することも必要な場合があります。

  • 歪み — 表示する歪み測定のタイプ。利用可能なオプションは、[高調波] または [相互変調] です。システム入力が単一正弦波である場合は [高調波] を選択します。システム入力が振幅の等しい 2 つの正弦波である場合は [相互変調] を選択します。相互変調を使用すると、利用可能な帯域幅のごく一部のみが使用されている場合に歪みを判断できます。

    歪み測定の計算方法の詳細については、歪みの測定を参照してください。

[歪み][高調波] を選択すると、次のフィールドが表示されます。

高調波歪み測定では、より大きな正弦波成分 (基本信号周波数) が自動検出されます。その後、高調波周波数と信号内の各高調波の電力が計算されます。DC 成分は無視されます。スペクトル アナライザーの周波数範囲外の高調波は測定に含められません。目的の高調波がすべて含まれるように周波数範囲を調整してください。

メモ

高調波の表示を最適にするには、高調波を解決できる十分に高い基本波の周波数を設定したことを確認してください。ただし、この周波数はエイリアシングが発生するほど高くしないでください。高調波歪みの表示を最適にするには、プロットでスカートが表示されないようにしてください。これは周波数漏れを示します。また、ノイズ フロアは表示されるようにしてください。

適切な表示のためには、サイドローブの減衰が大きい (たとえば 100 ~ 300 db) カイザー ウィンドウを試してください。

  • 高調波の数 — 基本波の周波数を含む、表示する高周波の数。[高調波の数] の有効な値は 2 から 99 までです。既定値は 6 です。

  • 高調波にラベル付け[高調波にラベル付け] を選択すると、スペクトル表示の各高調波に数値ラベルが追加されます。

  • 1 — 基本波の周波数 (Hz 単位) および 1 mW を基準とした測定電力のデシベル (dBm)。

  • 2、3、... — 高調波周波数 (Hz 単位) および搬送波に対する電力のデシベル (dBc)。高調波が基本派の周波数と同じレベルかそれを超える場合、入力強度を削減します。

  • THD — 全高調波歪み。この値は、高調波の電力 D と基本波の周波数 S の比を表します。ノイズ パワーが高調波に対して高すぎる場合、THD 値は不正確です。この場合、分解能帯域幅を低くするか、別のスペクトル ウィンドウを選択します。

    THD=10log10(D/S)

  • SNR — S/N 比 (SNR)。この値は、基本波の周波数 S とスプリアス信号を含むすべての非高調波成分 N の電力の比を dBc (搬送波に対するデシベル) 単位で表します。

    SNR=10log10(S/N)

    報告される SNR に –– が表示される場合、信号の非高調波成分の合計が信号の合計の 30% 未満です。

  • SINAD — 信号対ノイズおよび歪み比。この値は、基本波の周波数 S とその他のすべての成分 (ノイズ N や高調波歪み D を含む) の電力の比を dBc (搬送波に対するデシベル) 単位で表します。

    SINAD=10log10(SN+D)

  • SFDR — スプリアス フリー ダイナミック レンジ (SFDR)。この値は、周波数スペクトルの位置にかかわらずに、基本波の周波数 S と最大スプリアス信号 R の電力比を表します。最悪のスプリアス信号は元の信号の高調波である場合も、そうではない場合もあります。SFDR は、大きな干渉信号から区別できる信号の最小値を表します。SFDR には高調波が含まれます。

    SNR=10log10(S/R)

[歪み][相互変調] を選択すると、次のフィールドが表示されます。

相互変調歪みの測定では、基本波の 1 次周波数 (F1 および F2) が自動検出されます。その後、3 次相互変調の周波数の積 (2*F1-F2 および 2*F2-F1) が計算されます。

  • 周波数にラベル付け[周波数にラベル付け] を選択すると、スペクトル アナライザー表示の 1 次相互変調の積と 3 次周波数に数値ラベルが追加されます。

  • F1 — 下側基本波 1 次周波数

  • F2 — 上側基本波 1 次周波数

  • 2F1-F2 — 3 次高調波からの下側相互変調積

  • 2F2-F1 — 3 次高調波からの上側相互変調積

  • TOI — 3 次インターセプト ポイントノイズ パワーが高調波に対して高すぎる場合、TOI 値は不正確になります。この場合、分解能帯域幅を低くするか、別のスペクトル ウィンドウを選択してください。TOI が入力 2 トーン信号と同じ振幅である場合は、その入力信号の電力を削減します。

CCDF 測定パネル

[CCDF 測定] パネルには、相補累積分布関数の測定が表示されます。このスコープの CCDF 測定は、信号の瞬時電力が信号の平均電力より指定されたレベル上回る確率を示します。これらの測定は、信号のダイナミック レンジのインジケーターとして役立ちます。

CCDF 測定を計算するには、各入力サンプルを 0.01 dB 刻みに量子化します。ヒストグラム 100 dB 幅 (10,000 ポイント 0.01 dB 刻み) を使用して、発生した最大ピークをヒストグラムの最終ビンに配置します。新しいピークが発生した場合、ヒストグラムはその新しいピークの場所を作るようにシフトします。

このダイアログ ボックスを開くには、以下の手順に従います。

  • メニューから、[ツール][測定値][CCDF 測定] を選択します。

  • ツール バーで、[CCDF 測定] ボタンをクリックします。

  • ガウス参照をプロット — 複素数のホワイト ガウス ノイズ基準信号をプロットに表示します。

  • 確率 (%)[平均からの dB 差] 列にリストされる値の上の強度レベルを含む信号の割合。

  • 平均からの dB 差 — 関連付けられた [確率 (%)] の予想最小強度レベル。

  • 平均強度 — シミュレーション開始から、または最後のリセットからの信号の平均強度レベル。

    最大強度 — シミュレーション開始から、または最後のリセットからの信号の最大強度レベル。

  • PAPR — 信号のピーク強度と平均強度の比。正確な CCDF 測定値を得るには、PAPR を 100 dB 未満にしてください。PAPR が 100 dB を超えている場合、最も高い 100 dB 強度レベルが表示にプロットされ、分布表に表示されます。

  • サンプル数 — CCDF の計算に使用されたサンプル総数。

  • リセット — 現在のすべての CCDF 測定をクリアして再起動します。

可視化のカスタマイズ

ラベル、最小値と最大値、凡例、グリッド線を制御するには、コンフィギュレーション プロパティを使用します。スペクトル アナライザーで、[表示][コンフィギュレーション プロパティ] を選択するか、ツール バー ボタン をクリックします。

[スタイル] ダイアログ ボックスでは、スペクトル表示のスタイルをカスタマイズできます。このダイアログ ボックスはスペクトログラム表示では利用できません。スペクトルのプロットの色、背景色、ラインのプロパティは変更できます。このダイアログ ボックスを開くには、[View][Style] を選択します。

スペクトルまたはスペクトログラムのみを表示している場合、関連するオプションのみが表示されます。これらのオプションの詳細については、コンフィギュレーション プロパティおよびスタイルを参照してください。

ズームとパン

プロットのズームインまたはズームアウトを行うには、ツール バーまたは [ツール] メニューのいずれかのズーム ボタンを使用します。

ズームイン、ズームアウトを自動で行うか、座標軸のスケーリングを行うようにプロパティを設定できます。スペクトル アナライザーのメニューで [ツール][座標軸のスケーリング] を選択します。

スペクトルまたはスペクトログラムのみを表示している場合、関連するオプションのみが表示されます。CCDF 測定を使用している場合、x 軸スケーリング オプションも表示されます。これらのオプションの詳細については、座標軸のスケーリングを参照してください。