Main Content

信号の生成

サンプルベースの処理とフレームベースの処理のための信号の作成

DSP System Toolbox™ のソース ブロックと System object を使用してサンプルベースの処理とフレームベースの処理のための信号を作成することができます。

Colored Noise ブロックや Sine Wave ブロックなどのソース ブロックは、事前定義したアルゴリズムを使用して信号を生成します。これらのブロックのほとんどは、生成する各フレーム (列) 内のサンプル数を制御できます。これらのソース ブロックを使用して信号を生成する方法については、Create Signals for Sample-Based Processingフレームベースの処理用の信号の作成を参照してください。

オブジェクト

dsp.ColoredNoiseカラード ノイズ信号の生成
dsp.ChirpGenerate swept-frequency cosine (chirp) signal
dsp.NCOGenerate real or complex sinusoidal signals
dsp.SineWave離散正弦波の生成

ブロック

Chirpスイープ周波数の余弦 (チャープ) 信号の生成
Colored NoiseGenerate colored noise signal
ConstantGenerate constant value
Constant RampGenerate ramp signal with length based on input dimensions
Discrete Impulse離散インパルスの生成
Multiphase ClockGenerate multiple binary clock signals
N-Sample EnableOutput ones or zeros for specified number of sample times
NCOGenerate real or complex sinusoidal signals
Random SourceGenerate randomly distributed values
Sine Wave連続正弦波または離散正弦波の生成

トピック

  • 離散時間信号

    離散時間信号の概要。離散時間信号を固定ステップ ソルバーを使用して処理する場合と可変ステップ ソルバーを使用して処理する場合の類似点と相違点について説明します。

  • 連続時間信号

    連続時間信号の概要。

  • サンプルベースおよびフレームベースの概念

    Simulink® モデルのコンテキストにおける、基本的な信号の概念について説明します。サンプルベースの処理およびフレームベースの処理の詳細を確認します。

  • Create Signals for Sample-Based Processing

    Use the Constant block and the Signal From Workspace block to generate signals for sample-based processing. Use the Matrix Concatenate block to combine signals to form multichannel signals.

  • フレームベースの処理用の信号の作成

    Sine Wave ブロックと Signal From Workspace ブロックを使用してフレームベースの処理用の信号を生成する。Matrix Concatenate ブロックを使用して信号を統合し、マルチチャネル信号を形成します。

  • Inspect Sample and Frame Rates in Simulink

    Understand sample time, sample rate, frame period, and frame rate in the context of a Simulink model. Determine the sample and frame rates of signals in your model.

  • Delay and Latency

    Configure the Simulink environment to minimize delay and increase simulation performance.