最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Discrete Impulse

離散インパルスの生成

  • ライブラリ:
  • DSP System Toolbox / Sources

説明

Discrete Impulse ブロックはインパルス (値 1) を出力サンプル D+1 で生成します。ここで D[Delay] パラメーター (D0) によって指定されます。サンプル D+1 に先行および後続するすべての出力サンプルはゼロです。

D が長さ N のベクトルの場合、ブロックは N 個の異なるチャネルを表現する M 行 N 列の行列出力を生成します。ここで、フレーム サイズ M を [Samples per frame] パラメーターを使用して指定します。i 番目のチャネルのインパルスは、サンプル D(i)+1 で表示されます。

[Sample time] パラメーター値 Ts で出力信号のサンプル周期を指定します。結果のフレーム周期は MTs になります。

端子

出力

すべて展開する

出力サンプル D(i)+1 で離散インパルスが含まれる出力信号。ここで D[Delay] パラメーターによって指定されるスカラーまたはベクトルです。詳細については、説明を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean | fixed point

パラメーター

すべて展開する

メイン

インパルスが先行するゼロ値の出力サンプル数 D。ゼロ以上の整数値のスカラーまたはベクトルとして指定します。長さ N のベクトルで N チャネルの出力を指定します。

出力信号のサンプル周期 Ts。正の有限スカラーとして指定します。出力フレーム周期は MTs です。

各出力フレームのサンプル数 M。正の整数スカラーとして指定します。

データ型

このブロックの出力データ型を指定します。以下のいずれかを選択します。

  • データ型継承ルール (例: [Inherit: Inherit via back propagation])このオプションを選択すると、出力データ型とスケーリングが次の下流ブロックでそれぞれ一致します。

  • 組み込みデータ型 (例: double)

  • 有効なデータ型として評価する式 (例: fixdt(1,16))

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、データ型パラメーターの設定を行うための [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、信号のデータ型の制御 (Simulink)を参照してください。

ブロックの特性

データ型

boolean | double | fixed point | 整数 | single

直接フィードスルー

no

多次元信号

no

可変サイズの信号

no

ゼロクロッシング検出

no

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入