ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

truncate

確率分布オブジェクトの打ち切り

構文

t = truncate(pd,lower,upper)

説明

t = truncate(pd,lower,upper) は確率分布 t を返します。これは、下限 lower と上限 upper をもつ指定された区間まで打ち切られた確率分布pd です。

すべて折りたたむ

標準正規確率分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Normal')
pd = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 0
    sigma = 1

下限が -2 で上限が 2 になるように分布を打ち切ります。

t = truncate(pd,-2,2)
t = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 0
    sigma = 1
  Truncated to the interval [-2, 2]

元の分布と打ち切られた分布の確率密度関数をプロットして、視覚的に比較します。

x = -3:.1:3;
figure;
plot(x,pdf(pd,x),'Color','red','LineWidth',2)
hold on;
plot(x,pdf(t,x),'Color','blue','LineWidth',2,'LineStyle',':')
legend({'Normal','Truncated'},'Location','NE')
hold off;

標準正規確率分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Normal')
pd = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 0
    sigma = 1

分布を正の値に制限して分布を打ち切ります。下限を 0 に設定し、上限を無限大に設定します。

t = truncate(pd,0,inf)
t = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 0
    sigma = 1
  Truncated to the interval [0, Inf]

打ち切られた分布から乱数を生成し、ヒストグラムで可視化します。

r = random(t,10000,1);
histogram(r,100)

入力引数

すべて折りたたむ

確率分布。確率分布オブジェクトとして指定します。確率分布オブジェクトを作成し、makedist を使用してパラメーター値を指定します。

または、近似可能な分布の場合は、fitdist または Distribution Fitter アプリを使用して、近似可能な分布をデータにあてはめて確率分布オブジェクトを作成します。

打ち切りの下限。スカラー値として指定します。

データ型: single | double

打ち切りの上限。スカラー値として指定します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

打ち切られた分布。確率分布オブジェクトとして返されます。t の確率分布関数 (pdf) は、打ち切り区間の外部では 0 になります。打ち切り区間内では、t の確率密度関数は pd の確率密度関数と同じですが、pd によりその区間に割り当てられた確率で除算されます。

R2013a で導入