Main Content

makedist

確率分布オブジェクトの作成

説明

pd = makedist(distname) で、既定のパラメーター値を使用して、分布 distname の確率分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist(distname,Name,Value) は、名前と値のペア引数で指定された 1 つ以上の分布パラメーター値をもつ確率分布オブジェクトを作成します。

list = makedist は、makedist で作成できる確率分布のリストが含まれている cell 配列 list を返します。

makedist -reset は、prob という名前のパッケージに含まれているファイルのパスを検索し、ProbabilityDistribution から派生するクラスを実装することにより、分布のリストをリセットします。この構文は、カスタム分布関数を定義した後で使用します。詳細については、Distribution Fitter アプリの使用によるカスタム分布の定義を参照してください。

すべて折りたたむ

標準正規分布のパラメーターに対応する既定のパラメーター値を使用して正規分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Normal')
pd = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 0
    sigma = 1

pd のオブジェクト関数を使用して、分布の評価と乱数の生成を実行できます。サポートされるオブジェクト関数を表示します。

methods(pd)
Methods for class prob.NormalDistribution:

cdf        iqr        negloglik  plot       std        
gather     mean       paramci    proflik    truncate   
icdf       median     pdf        random     var        

たとえば、関数 iqr を使用して、分布の四分位数間範囲を計算します。

r = iqr(pd)
r = 1.3490

既定のパラメーター値を使用してガンマ分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Gamma')
pd = 
  GammaDistribution

  Gamma distribution
    a = 1
    b = 1

ガンマ分布の平均値を計算します。

mean = mean(pd)
mean = 1

パラメーター値 mu = 75 および sigma = 10 をもつ正規分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Normal','mu',75,'sigma',10)
pd = 
  NormalDistribution

  Normal distribution
       mu = 75
    sigma = 10

パラメーター値 a = 3 と既定の値 b = 1 をもつガンマ分布オブジェクトを作成します。

pd = makedist('Gamma','a',3)
pd = 
  GammaDistribution

  Gamma distribution
    a = 3
    b = 1

入力引数

すべて折りたたむ

分布名。以下のいずれかの文字ベクトルまたは string スカラーを指定します。distname で指定された分布により、返される確率分布オブジェクトのタイプが決まります。

分布名説明分布オブジェクト
'Beta'ベータ分布BetaDistribution
'Binomial'二項分布BinomialDistribution
'BirnbaumSaunders'バーンバウム・サンダース分布BirnbaumSaundersDistribution
'Burr'ブール分布BurrDistribution
'Exponential'指数分布ExponentialDistribution
'ExtremeValue'極値分布ExtremeValueDistribution
'Gamma'ガンマ分布GammaDistribution
'GeneralizedExtremeValue'一般化極値分布GeneralizedExtremeValueDistribution
'GeneralizedPareto'一般化パレート分布GeneralizedParetoDistribution
'HalfNormal'半正規分布HalfNormalDistribution
'InverseGaussian'逆ガウス分布InverseGaussianDistribution
'Logistic'ロジスティック分布LogisticDistribution
'Loglogistic'対数ロジスティック分布LoglogisticDistribution
'Lognormal'対数正規分布LognormalDistribution
'Loguniform'対数一様分布LoguniformDistribution
'Multinomial'多項分布MultinomialDistribution
'Nakagami'仲上分布NakagamiDistribution
'NegativeBinomial'負の二項分布NegativeBinomialDistribution
'Normal'正規分布NormalDistribution
'PiecewiseLinear'区分的線形分布PiecewiseLinearDistribution
'Poisson'ポアソン分布PoissonDistribution
'Rayleigh'レイリー分布RayleighDistribution
'Rician'ライス分布RicianDistribution
'Stable'安定分布StableDistribution
'tLocationScale't 位置-スケール分布tLocationScaleDistribution
'Triangular'三角分布TriangularDistribution
'Uniform'一様分布UniformDistribution
'Weibull'ワイブル分布WeibullDistribution

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後ろにする必要がありますが、ペアの順序は関係ありません。

R2021a より前では、名前と値をそれぞれコンマを使って区切り、Name を引用符で囲みます。

例: makedist('Normal','mu',10) は、パラメーター mu が 10 でパラメーター sigma が既定値の 1 と等しい正規分布を指定します。

ベータ分布

すべて折りたたむ

ベータ分布の最初の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Beta' である場合のみ有効です。

例: 'a',3

データ型: single | double

ベータ分布の 2 番目の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Beta' である場合のみ有効です。

例: 'b',5

データ型: single | double

二項分布

すべて折りたたむ

二項分布の試行回数。正の整数値として指定します。この引数は、distname'Binomial' である場合のみ有効です。

例: 'N',25

データ型: single | double

二項分布の各試行の成功確率。[0,1] の範囲にあるスカラー値として指定します。この引数は、distname'Binomial' である場合のみ有効です。

例: 'p',0.25

データ型: single | double

バーンバウム・サンダース分布

すべて折りたたむ

バーンバウム・サンダース分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'BirnbaumSaunders' である場合のみ有効です。

例: 'beta',2

データ型: single | double

バーンバウム・サンダース分布の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'BirnbaumSaunders' である場合のみ有効です。

例: 'gamma',0.5

データ型: single | double

ブール分布

すべて折りたたむ

ブール分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Burr' である場合のみ有効です。

例: 'alpha',2

データ型: single | double

ブール分布の最初の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Burr' である場合のみ有効です。

例: 'c',2

データ型: single | double

ブール分布の 2 番目の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Burr' である場合のみ有効です。

例: 'k',5

データ型: single | double

指数分布

すべて折りたたむ

指数分布の平均。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Exponential' である場合のみ有効です。

例: 'mu',5

データ型: single | double

極値分布

すべて折りたたむ

極値分布の位置パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'ExtremeValue' である場合のみ有効です。

例: 'mu',-2

データ型: single | double

極値分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'ExtremeValue' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

ガンマ分布

すべて折りたたむ

ガンマ分布の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Gamma' である場合のみ有効です。

例: 'a',2

データ型: single | double

ガンマ分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Gamma' である場合のみ有効です。

例: 'b',0

データ型: single | double

一般化極値分布

すべて折りたたむ

一般化極値分布の形状パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedExtremeValue' である場合のみ有効です。

例: 'k',0

データ型: single | double

一般化極値分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedExtremeValue' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

一般化極値分布の位置パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedExtremeValue' である場合のみ有効です。

例: 'mu',1

データ型: single | double

一般化パレート分布

すべて折りたたむ

一般化パレート分布の形状パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedPareto' である場合のみ有効です。

例: 'k',0

データ型: single | double

一般化パレート分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedPareto' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

一般化パレート分布の位置 (しきい値) パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'GeneralizedPareto' である場合のみ有効です。

例: 'theta',2

データ型: single | double

半正規分布

すべて折りたたむ

半正規分布の位置パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'HalfNormal' である場合のみ有効です。

例: 'mu',1

データ型: single | double

半正規分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'HalfNormal' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

逆ガウス分布

すべて折りたたむ

逆ガウス分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'InverseGaussian' である場合のみ有効です。

例: 'mu',2

データ型: single | double

逆ガウス分布の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'InverseGaussian' である場合のみ有効です。

例: 'lambda',4

データ型: single | double

ロジスティック分布

すべて折りたたむ

ロジスティック分布の平均。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Logistic' である場合のみ有効です。

例: 'mu',2

データ型: single | double

ロジスティック分布のスケール パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Logistic' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',4

データ型: single | double

対数ロジスティック分布

すべて折りたたむ

対数ロジスティック分布の対数値の平均。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Loglogistic' である場合のみ有効です。

例: 'mu',2

データ型: single | double

対数ロジスティック分布の対数値のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Loglogistic' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',4

データ型: single | double

対数正規分布

すべて折りたたむ

対数正規分布の対数値の平均。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Lognormal' である場合のみ有効です。

例: 'mu',2

データ型: single | double

対数正規分布の対数値の標準偏差。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Lognormal' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

対数一様分布

すべて折りたたむ

対数一様分布の下限。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Loguniform' である場合のみ有効です。

例: 'Lower',2

データ型: single | double

対数一様分布の上限。Lower より大きいスカラー値として指定します。この引数は、distname'Loguniform' である場合のみ有効です。

例: 'Upper',6

データ型: single | double

多項分布

すべて折りたたむ

多項分布の結果の確率。範囲 [0,1] のスカラー値のベクトルを指定します。この確率は、合計が 1 になり、結果 [1, 2, ..., k] に対応します。k は確率ベクトルの要素数です。この引数は、distname'Multinomial' である場合のみ有効です。

例: 'Probabilities',[0.1 0.2 0.5 0.2] はそれぞれ、結果が 1、2、3 または 4 になる確率を与えます。

データ型: single | double

仲上分布

すべて折りたたむ

仲上分布の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Nakagami' である場合のみ有効です。

例: 'mu',5

データ型: single | double

仲上分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Nakagami' である場合のみ有効です。

例: 'omega',5

データ型: single | double

負の二項分布

すべて折りたたむ

負の二項分布の成功回数。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'NegativeBinomial' である場合のみ有効です。

例: 'R',5

データ型: single | double

負の二項分布における各試行の成功確率。(0,1] の範囲にあるスカラー値として指定します。この引数は、distname'NegativeBinomial' である場合のみ有効です。

例: 'P',0.1

データ型: single | double

正規分布

すべて折りたたむ

正規分布の平均。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Normal' である場合のみ有効です。

例: 'mu',2

データ型: single | double

正規分布の標準偏差。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Normal' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

区分的線形分布

すべて折りたたむ

累積分布関数 (cdf) によって区分的線形分布の勾配が変化するデータ値。単調増加するスカラー値のベクトルとして指定します。この引数は、distname'PiecewiseLinear' である場合のみ有効です。

例: 'x',[1 2 3]

データ型: single | double

区分的線形分布の x の各値における累積分布関数値。0 で始まり 1 で終わる、単調増加するスカラー値のベクトルとして指定します。この引数は、distname'PiecewiseLinear' である場合のみ有効です。

例: 'Fx',[0.2 0.5 1]

データ型: single | double

ポアソン分布

すべて折りたたむ

ポアソン分布の平均。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Poisson' である場合のみ有効です。

例: 'lambda',5

データ型: single | double

レイリー分布

すべて折りたたむ

レイリー分布の定義パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Rayleigh' である場合のみ有効です。

例: 'B',3

データ型: single | double

ライス分布

すべて折りたたむ

ライス分布の非心度パラメーター。非負のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Rician' である場合のみ有効です。

例: 's',0

データ型: single | double

ライス分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Rician' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

安定分布

すべて折りたたむ

安定分布の 1 番目の形状パラメーター。(0,2] の範囲にあるスカラー値として指定します。この引数は、distname'Stable' である場合のみ有効です。

例: 'alpha',1

データ型: single | double

安定分布の 2 番目の形状パラメーター。[–1,1] の範囲にあるスカラー値として指定します。この引数は、distname'Stable' である場合のみ有効です。

例: 'beta',0.5

データ型: single | double

安定分布のスケール パラメーター。(0,∞) の範囲にあるスカラー値として指定します。この引数は、distname'Stable' である場合のみ有効です。

例: 'gam',2

データ型: single | double

安定分布の位置パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Stable' である場合のみ有効です。

例: 'delta',5

データ型: single | double

t 位置-スケール分布

すべて折りたたむ

t 位置-スケール分布の位置パラメーター。スカラー値として指定します。この引数は、distname'tLocationScale' である場合のみ有効です。

例: 'mu',-2

データ型: single | double

t 位置-スケール分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'tLocationScale' である場合のみ有効です。

例: 'sigma',2

データ型: single | double

t 位置-スケール分布の自由度。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'tLocationScale' である場合のみ有効です。

例: 'nu',20

データ型: single | double

三角分布

すべて折りたたむ

三角分布の下限。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Triangular' である場合のみ有効です。

例: 'A',-2

データ型: single | double

三角分布のピークの位置。A 以上のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Triangular' である場合のみ有効です。

例: 'B',1

データ型: single | double

三角分布の上限。B 以上のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Triangular' である場合のみ有効です。

例: 'C',5

データ型: single | double

一様分布

すべて折りたたむ

一様分布の下限。スカラー値として指定します。この引数は、distname'Uniform' である場合のみ有効です。

例: 'Lower',-4

データ型: single | double

一様分布の上限。Lower より大きいスカラー値として指定します。この引数は、distname'Uniform' である場合のみ有効です。

例: 'Upper',2

データ型: single | double

ワイブル分布

すべて折りたたむ

ワイブル分布のスケール パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Weibull' である場合のみ有効です。

例: 'A',2

データ型: single | double

ワイブル分布の形状パラメーター。正のスカラー値として指定します。この引数は、distname'Weibull' である場合のみ有効です。

例: 'B',5

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

確率分布。distname で指定されたタイプの確率分布オブジェクトとして返されます。

makedist で作成できる確率分布のリスト。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

代替機能

アプリ

分布フィッター アプリは、ワークスペースからデータをインポートするためのグラフィカル ユーザー インターフェイスを開き、そのデータに確率分布を対話的に当てはめます。その後、分布を確率分布オブジェクトとしてワークスペースに保存できます。分布フィッター アプリを開くには、distributionFitter を使用するか、[アプリ] タブの [分布フィッター] をクリックします。

バージョン履歴

R2013a で導入