最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Distribution Fitter アプリの使用によるカスタム分布の定義

カスタム分布の確率オブジェクトを定義し、Distribution Fitter アプリまたは fitdist を使用すると、Statistics and Machine Learning Toolbox™ ではサポートされていない分布をあてはめることができます。カスタム確率オブジェクトを確率オブジェクト関数 (pdfcdficdfrandom など) の入力引数として使用して、分布の評価や乱数の生成などを行うこともできます。

Distribution Fitter アプリを開きます。

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブの [数学、統計および最適化] でアプリのアイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 「distributionFitter」と入力します。

    distributionFitter

カスタム分布の定義

アプリを使用してカスタム分布を定義するには、[ファイル][カスタム分布の定義] を選択します。MATLAB エディターでファイルのテンプレートが開きます。次に、目的の分布に対する確率オブジェクトが作成されるようにこのファイルを編集します。

このテンプレートには、ラプラス分布の確率オブジェクトを定義するサンプル コードが含まれています。独自のカスタム分布を定義するには、テンプレートの指示に従ってください。

カスタム確率オブジェクトを保存するには、+prob という名前のディレクトリをパス上に作成します。分布名と一致する名前を使用してこのディレクトリにファイルを保存します。たとえば、テンプレートを LaplaceDistribution.m として保存してから、次の節で説明されているようにカスタム分布をインポートします。

カスタム分布のインポート

アプリを使用してカスタム分布をインポートするには、[ファイル][カスタム分布のインポート] を選択します。[インポートされた分布] ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボックスでは、分布を定義するファイルを選択できます。たとえば、前の節で説明されているように LaplaceDistribution.m というファイルを作成した場合、ダイアログ ボックスのリストには Laplace が含まれ、名前の後にアスタリスクが付きます。アスタリスクは、ファイルが新規または修正済みであり、あてはめに使用できることを示します。

または、関数 makedist を使用して分布のリストをリセットし、アプリで [ファイル][カスタム分布のインポート] を選択する必要をなくすこともできます。

makedist -reset
このコマンドは、prob という名前のパッケージに含まれているファイルのパスを検索し、ProbabilityDistribution から派生するクラスを実装することにより、分布のリストをリセットします。リストのリセット後にアプリを開いた場合、定義したカスタム分布がアプリの分布リストに含まれます。

Distribution Fitter アプリを使用してカスタム分布をインポートするか、makedist を使用してリストをリセットすると、アプリとコマンド ウィンドウでカスタム分布を使用できるようになります。Distribution Fitter アプリから利用できる [新規近似] ダイアログ ボックスの [分布] フィールドに、新しいカスタム分布が含まれます。コマンド ウィンドウでは、makedist を使用してカスタム確率分布オブジェクトを作成し、fitdist を使用してデータセットをカスタム分布にあてはめることができます。その後、pdfcdficdfrandom などの確率オブジェクト関数を使用して、分布の評価や乱数の生成などを行うことができます。

参考

|

関連するトピック