Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

調査と可視化

分布関数のプロット、対話形式での分布の近似、プロットの作成、乱数の生成

対話的に確率分布を標本データにあてはめ、確率分布オブジェクトを MATLAB® のワークスペースにエクスポートするには、Distribution Fitter アプリを使用します。データの範囲を調べ、外れ値の可能性がある値を識別するには、箱ひげ図と分位数-分位数プロットを使用します。分布全体を可視化するには、近似させた正規密度関数の線をヒストグラムとともにプロットします。正規分布やワイブル分布など特定の分布をもつ母集団から標本データが派生しているかどうかを評価するには、確率プロットを使用します。パラメトリック分布では標本データを適切に記述できない場合は、標本データに基づいて経験累積分布関数を計算およびプロットします。または、カーネル平滑化関数を使用して cdf を推定します。

アプリ

Distribution Fitter確率分布でデータを近似
確率分布関数対話による密度および分布のプロット

関数

すべて展開する

boxplot要約統計を箱ひげ図で可視化
histfit分布近似をもつヒストグラム
normplot正規確率プロット
normspec仕様限界をシェーディングした正規密度プロット
probplot確率プロット
qqplot分位数-分位数プロット
wblplotワイブル確率プロット
cdfplot経験的累積分布関数 (cdf) プロット
ecdf経験的累積分布関数
ecdfhist経験的累積分布関数に基づくヒストグラム
ksdensity一変量および二変量データのカーネル平滑化関数推定値
fsurfht対話型の等高線図
randtool対話形式の乱数発生
surfht対話型の等高線図

トピック