ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

確率分布関数

対話による密度および分布のプロット

説明

確率分布関数ユーザー インターフェイスでは、確率分布の累積分布関数 (cdf) または確率密度関数 (pdf) のプロットを対話的に作成します。パラメーター値を指定するか、対話型のスライダーを使用して、パラメーター値の変更がプロットの形状に与える影響を確認してください。

必要な製品

  • MATLAB®

  • Statistics and Machine Learning Toolbox™

メモ: disttool は、MATLAB Online™ において印刷、コード生成、データ インポートの各機能を提供していません。

確率分布関数 アプリを開く

  • コマンド プロンプトで disttool と入力します。

すべて展開する

この例では、確率分布関数ユーザー インターフェイスを使用して、さまざまな確率分布およびパラメーター値について cdf および pdf プロットの形状を確認する方法を示します。

確率分布関数ユーザー インターフェイスを開きます。

disttool

インターフェイスが開き、正規分布の cdf のプロットが表示されます。初期パラメーター設定は Mu = 0 および Sigma = 1 です。

[関数タイプ] ドロップダウン メニューから [PDF] を選択して、同じパラメーター値による正規分布の pdf をプロットします。

位置パラメーター Mu の値を 1 に変更します。

パラメーター値が変化すると、プロットの形状も変化します。また、X の値は変化しませんが、新しいパラメーター値により密度の値が変化します。

[分布] ドロップダウン メニューを使用して、分布タイプを [正規] から [ワイブル] に変更します。

プロットの形状がパラメーターの名前および値とともに変化します。

パラメーター

分布名をドロップダウン リストから選択して、確認する確率分布を指定します。ドロップダウン リストには、[正規][指数][ポアソン][ワイブル] など約 25 個の確率分布オプションが含まれています。

ドロップダウン リストから関数名を選択することにより、確率分布関数のタイプを [CDF] (累積分布関数) または [PDF] (確率密度関数) として指定します。

目的とする累積分布関数 (cdf) の値を [0,1] の範囲内の数値で指定します。対応する確率変数の値がプロットの下の [X] フィールドに表示されます。また、[X] への値の指定も可能で、その場合は [確率] の値が自動的に更新されます。

このオプションは、[関数タイプ][CDF] の場合のみ表示されます。[関数タイプ][PDF] の場合、指定した [X] の値における確率密度がプロットの左に表示されます。

目的とする確率変数を数値で指定します。[関数タイプ][CDF] の場合、対応する累積分布関数 (cdf) の値がプロットの左の [確率] フィールドに表示されます。また、[確率] への値の指定も可能で、その場合は [X] の値が自動的に更新されます。[関数タイプ][PDF] の場合、対応する確率密度の値がプロットの左に表示されます。

パラメーターの境界および値を数値で指定します。各列には、1 つのパラメーターの上限、値および下限に対応するフィールドが含まれています。使用可能なパラメーターの名前と数は、[分布] ドロップダウン リストで指定した分布に基づいて変化します。たとえば、[正規] 分布を選択した場合、disttool では [Mu] パラメーターについての列と [シグマ] パラメーターについての列の 2 列が有効になります。[指数] 分布を選択した場合、disttool では [Mu] パラメーターについての列が有効になります。

ヒント

(y 軸の) [X] の値、または (x 軸の) [確率] または [密度] の値を変更するには、次のようにします。

  • 目的の値を [確率] フィールドまたは [X] フィールドに入力します。

  • 対象となるプロットの点をクリックします。または、

  • 基準線をクリックしてプロット内でドラッグします。

R2006a より前に導入