Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

categorical 配列

離散的な非数値データの有限集合から値をとる定性データの配列

categorical は、離散カテゴリの有限集合からの値をとるデータを格納するためのデータ型です。たとえば、構文 C = categorical({'R','G','B','B','G','B'}) は、RG、または B のカテゴリーに属する 6 つの要素を備えた categorical 配列を作成します。

categorical 配列は、非数値データを効率的に格納し操作するのに適しており、データ値に付けられたわかりやすい名前も維持されます。カテゴリには自然な順序がある場合がありますが、必須ではありません。詳細については、categorical 配列の作成を参照するか、テーブルと categorical 配列をご覧ください。

関数

すべて展開する

categoricalカテゴリに割り当てられた値を含む配列
discretizeデータをビンまたはカテゴリにグループ化
categoriescategorical 配列のカテゴリ
iscategorical入力が categorical 配列かどうかを判別
iscategorycategorical 配列カテゴリのテスト
isordinal入力が順序 categorical 配列かどうかを判別
isprotectedcategorical 配列のカテゴリが保護されているかどうかを判別
isundefinedcategorical 配列の未定義の要素を検索
addcatscategorical 配列へのカテゴリの追加
mergecatscategorical 配列のカテゴリのマージ
removecatscategorical 配列からのカテゴリの削除
renamecatscategorical 配列のカテゴリ名の変更
reordercatscategorical 配列でのカテゴリの順序の変更
setcatscategorical 配列のカテゴリの設定
summarytable、timetable または categorical 配列の概要の表示
countcatscategorical 配列要素の出現回数をカテゴリ別にカウント

トピック

categorical 配列の作成

この例では、categorical 配列を作成する方法を示します。

categorical 配列によるデータへのアクセス

categorical 配列から要素を検索、選択および削除します。

categorical 配列の利点

categorical 配列によって、データの自然な表現、文字ベクトルの数学的な順序付け、およびメモリの効率的な使用が可能になります。

categorical 配列をサポートする主要な関数

MATLAB® には、categorical 配列を他の配列とほぼ同じ方法で操作できる関数が多数あります。これらの関数の中には categorical 配列の操作時に特別な動作を示すものがいくつかあります。