ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iscategorical

入力が categorical 配列かどうかを判別

説明

tf = iscategorical(A) は、A が categorical 配列の場合は logical 1 (true) を返します。それ以外の場合、iscategorical は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

ワークスペース変数 A を作成します。

A = categorical({'red' 'green' 'violet'; 'orange' 'red' 'yellow'})
A = 2x3 categorical array
     red         green      violet 
     orange      red        yellow 

ワークスペース変数 A が categorical 配列であることを確認します。

tf = iscategorical(A)
tf = logical
   1

A は 2 行 3 列の categorical 配列です。

入力引数

すべて折りたたむ

入力変数。ワークスペース変数として指定します。A は、任意のデータ型になります。

拡張機能

R2013b で導入