Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iscell

入力が cell 配列かどうかを判別

説明

A が cell 配列である場合、tf = iscell(A)1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

cell 配列を作成します。

A = {1,2,3;
     'text',rand(5,10,2),{11; 22; 33}}
A=2×3 cell array
    {[   1]}    {[          2]}    {[     3]}
    {'text'}    {5x10x2 double}    {3x1 cell}

A が cell 配列かどうか判断します。

 tf = iscell(A)
tf = logical
   1

数値配列を作成します。関数 iscell を使用してそれをテストします。

B = rand(2,5)
B = 2×5

    0.1622    0.3112    0.1656    0.2630    0.6892
    0.7943    0.5285    0.6020    0.6541    0.7482

tf = iscell(B)
tf = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。配列として指定します。入力配列 A には任意のデータ型を使用できます。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入