ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iscategory

categorical 配列カテゴリのテスト

説明

tf = iscategory(A,catnames) は、logical 1 (true) を含む配列を返します。ここで、catnames 内のデータは、A のカテゴリです。それ以外の場合、iscategory は logical 0 (false) を返します。

tf は、catnames と同じサイズになります。

すべて折りたたむ

順序 categorical 配列 A を作成します。

A = categorical({'shirt' 'pants'; 'pants' 'hat'; 'shirt' 'pants'})
A = 3x2 categorical array
     shirt      pants 
     pants      hat   
     shirt      pants 

A は 3 行 2 列の categorical 配列です。

衣類の品目 shirtpantssocks および shoes が、A のカテゴリであるかどうかテストします。

catnames = {'shirt' 'pants' 'socks' 'shoes'};
tf = iscategory(A,catnames)
tf = 1x4 logical array

   1   1   0   0

shirtpantsA のカテゴリですが、socksshoes は違います。

iscategory はカテゴリ hat に関する情報を提供しません。このカテゴリは catnames に含まれていません。

categorical 配列 A を作成します。

A = categorical({'plane' 'car' 'train' 'car' 'plane'},...
    {'boat' 'car' 'plane' 'train'})
A = 1x5 categorical array
     plane      car      train      car      plane 

A は 1 行 5 列の categorical 配列です。

boatA のカテゴリかどうかをテストします。

tf = iscategory(A,'boat')
tf = logical
   1

A にカテゴリ boat からの値が含まれていない場合でも、iscategory は true を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

categorical 配列。ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

カテゴリ名。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列または categorical 配列として指定します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2013b で導入