Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

二次計画法と錐計画法

二次目的と線形制約または錐制約のある問題の解決

最適化問題を解く前に、問題ベースかソルバーベースか、適切なアプローチを選択しなければなりません。詳細は、はじめに問題ベース アプローチまたはソルバーベース アプローチを選択を参照してください。

問題ベースのアプローチでは、問題変数を作成し、これらのシンボリック変数の観点から目的関数と制約を表現します。実行する問題ベースの手順については、問題ベースの最適化ワークフローを参照してください。結果として得られる問題を解くには、solve を使用します。

目的関数と制約の定義、適切なソルバーの選択を含め、実行するソルバーベースの手順については、ソルバーベースの最適化問題の設定を参照してください。結果として得られる問題を解くには、quadprog または coneprog を使用します。

関数

すべて展開する

evaluate最適化式の評価
infeasibility点における制約違反
optimproblem最適化問題の作成
optimvar最適化変数の作成
solve最適化問題または方程式問題の求解
coneprog2 次錐計画法ソルバー
optimwarmstartウォーム スタート オブジェクトの作成
quadprog二次計画法
secondordercone2 次錐制約の作成

ライブ エディター タスク

最適化ライブ エディターでの方程式の最適化または解決

オブジェクト

SecondOrderConeConstraint2 次錐制約オブジェクト

トピック

問題ベースの二次計画法

ソルバーベースの二次計画法

問題ベースの 2 次錐計画法

ソルバーベースの 2 次錐計画法

コード生成

問題ベースのアルゴリズム

アルゴリズムとオプション