Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ソルバーベースの最適化問題の設定

ソルバーの選択、目的関数と制約関数の定義、並列処理

最適化問題を解く前に、問題ベースかソルバーベースか、適切なアプローチを選択しなければなりません。詳細は、はじめに問題ベース アプローチまたはソルバーベース アプローチを選択を参照してください。

このソルバーベースのアプローチで解の最適化問題を表すには、通常、次の手順に従います。

• 最適化ソルバーを選択する。

• 目的関数 (通常、最小化する関数) を作成する。

• 制約がある場合は作成する。

• オプションを設定するか、既定のオプションを使用する。

• 適切なソルバーを呼び出す。

非線形最適化の基本的な例は、制約付き非線形問題の解法、ソルバーベースを参照してください。混合整数線形計画法の基本的な例は、混合整数線形計画法の基礎: ソルバーベースを参照してください。

方程式の最適化または求解に対するビジュアル アプローチでは、Optimize ライブ エディター タスクを使用します。

注目の例