Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

quadprog 用のコード生成の背景

コード生成とは

コード生成とは、MATLAB® Coder™ を使用した、MATLAB コードから C/C++ コードへの変換です。コード生成には、MATLABCoder ライセンスが必要です。

コード生成は通常、MATLAB を実行していないハードウェアにコードを配布するために使用します。

例については、quadprog のコード生成を参照してください。他の最適化ソルバーでのコード生成については、fmincon のコード生成fsolve のコード生成、またはlsqcurvefit または lsqnonlin の用のコード生成を参照してください。

コード生成の要件

  • quadprog は、関数 codegen (MATLAB Coder) または MATLAB Coder アプリを使用したコード生成をサポートしています。コードを生成するには MATLAB Coder ライセンスが必要です。

  • ターゲット ハードウェアは、標準的な倍精度浮動小数点計算をサポートしていなければなりません。単精度計算や固定小数点計算のコードは生成できません。

  • コード生成ターゲットは、MATLAB ソルバーと同じ数学カーネル ライブラリを使用しません。そのため、コード生成解法は、特に、条件付けが不十分な問題の場合に、ソルバー解法と異なる可能性があります。

  • コード生成の場合、quadprogproblem 引数をサポートしていません。

    [x,fval] = quadprog(problem) % Not supported
  • quadprog の入力行列 (AAeqlbub など) はすべてフル (非スパース) でなければなりません。関数 full を使用することで、スパース行列を非スパースに変換できます。

  • lb 引数と ub 引数は、H の列数と同じ数のエントリをもつか、空 [] でなければなりません。

  • 組み込みプロセッサを使用する高度なコード最適化には、Embedded Coder® ライセンスも必要です。

  • quadprog のオプションを含め、関数 optimoptions を使用して指定しなければなりません。オプションには Algorithm オプションを含め、'active-set' に設定しなければなりません。

    options = optimoptions('quadprog','Algorithm','active-set');
    [x,fval,exitflag] = quadprog(H,f,A,b,Aeq,beq,lb,ub,x0,options);
  • コード生成では次のオプションをサポートしています。

    • Algorithm'active-set' でなければなりません

    • ConstraintTolerance

    • MaxIterations

    • ObjectiveLimit

    • OptimalityTolerance

    • StepTolerance

  • 生成コードでは、オプションに対して限られたエラー チェックしか行われません。オプションの更新方法として、ドット表記ではなく、optimoptions を使用することを推奨します。

    opts = optimoptions('quadprog','Algorithm','active-set');
    opts = optimoptions(opts,'MaxIterations',1e4); % Recommended
    opts.MaxIterations = 1e4; % Not recommended
  • オプションはファイルから読み込まないでください。そうした場合、コード生成に失敗することがあります。代わりに、コード内でオプションを作成してください。

  • サポートされていないオプションを指定すると、通常はコード生成の際にそのオプションは無視されます。信頼できる結果を得るために、サポートされているオプションのみを指定します。

非マルチスレッドな生成コード

既定では、MATLAB 環境外で使用するために生成されたコードは、非マルチスレッドな線形代数ライブラリを使用します。したがって、このコードの実行速度は、MATLAB 環境のコードよりも著しく低速になる可能性があります。

ターゲット ハードウェアに複数のコアが搭載されている場合、カスタム マルチスレッド LAPACK および BLAS ライブラリを使用することにより、パフォーマンスの向上が期待できます。これらのライブラリを生成コードに組み込むには、生成されたスタンドアロン コードでの LAPACK 呼び出しを使用した線形代数の高速化 (MATLAB Coder)を参照してください。

参考

| (MATLAB Coder) |

関連するトピック