Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ROI ベース処理

関心領域 (ROI) の定義と操作

関心領域 (ROI) は、イメージ内でフィルターの適用や何らかの方法での操作の対象として選択する領域のことです。ツールボックスは、円、楕円、多角形、四角形、手描きの形状など、さまざまな形状の ROI を作成するために使用できる一連の ROI オブジェクトをサポートしています。作成後、ROI オブジェクトのプロパティを使用して、外観や動作をカスタマイズできます。加えて、ROI オブジェクトは、対話型動作の実装に使用できるオブジェクト関数およびイベントをサポートしています。たとえば、イベントを使用すると、アプリケーションで ROI の位置が変化するたびにカスタム コードを実行できます。便宜上、ツールボックスには、ROI 作成用の簡易関数の並列セットが含まれています。たとえば、四角形 ROI を作成するには、images.roi.Rectangle または対応する簡易関数 drawrectangle を使用できます。ROI の詳細については、ROI 作成の概要を参照してください。

ROI は、バイナリ マスク イメージの作成に使用するのが一般的です。マスク イメージでは、ROI に属するピクセルが 1 に設定され、ROI の外側のピクセルが 0 に設定されます。マスクを作成するには、ほとんどの ROI オブジェクトでサポートされているオブジェクト関数 createMask を使用します。関数 poly2mask を使用して、イメージを必要とせずにマスクを作成することもできます。

R2018b 以降、以前の ROI オブジェクトのセットが新しい ROI オブジェクトのセットに置き換えられました。新しいオブジェクトは、パフォーマンスの向上に加え、面の色の透明度など、さらに便利な機能を提供します。新しいオブジェクトを使用すると、イベントを使用して、クリックや移動などのオブジェクト操作の通知を受け取ることもできます。現時点では、以前の ROI オブジェクトを削除する予定はありませんが、追加された機能や柔軟性を活用するために、新しい ROI に切り替えてください。新しい ROI への移行の詳細については、ROI の移行を参照してください。

関数

すべて展開する

AssistedFreehand補助付きフリーハンド関心領域
Circle円の関心領域
Crosshair十字の関心領域
Cuboid直方体の関心領域
Ellipse楕円の関心領域
Freehandフリーハンドの関心領域
Lineラインの関心領域
Point点の関心領域
Polygon多角形の関心領域
Polylineポリラインの関心領域
Rectangle四角形の関心領域
draw対話形式による ROI の描画の開始
drawassistedイメージ エッジの補助機能を使用したイメージ上のフリーハンド ROI の作成
drawcircleカスタマイズ可能な円 ROI の作成
drawcrosshairカスタマイズ可能な十字 ROI の作成
drawcuboidカスタマイズ可能な直方体 ROI の作成
drawellipseカスタマイズ可能な楕円 ROI の作成
drawfreehandカスタマイズ可能なフリーハンド ROI の作成
drawlineカスタマイズ可能なライン ROI の作成
drawpointカスタマイズ可能な点 ROI の作成
drawpolygonカスタマイズ可能な多角形 ROI の作成
drawpolylineカスタマイズ可能なポリライン ROI の作成
drawrectangleカスタマイズ可能な四角形 ROI の作成
reduceROI の点の密度の削減
beginDrawingFromPoint指定された点からの ROI の描画の開始
inROI点が ROI 内にあるかどうかのクエリ
bringToFrontAxes のスタックの順番の最前面への ROI の移動
waitROI の操作が完了するまで MATLAB コマンド ラインをブロック
createMaskROI からのバイナリ マスク イメージの作成
roipoly多角形の関心領域 (ROI) の指定
poly2mask関心領域 (ROI) の多角形を領域マスクに変換
regionfill内側方向の内挿を使用したイメージ内の指定領域の塗りつぶし
inpaintCoherentコヒーレンス トランスポートに基づくイメージ修復を使用した、特定のイメージ領域の復元
inpaintExemplar見本に基づくイメージ修復を使用した、特定のイメージ領域の復元
roicolor関心領域 (ROI) を色に基づいて選択
roifilt2イメージの関心領域 (ROI) のフィルター
reducepolyRamer–Douglas–Peucker アルゴリズムを使用した ROI の点の密度の削減

トピック

ROI の作成

ROI 作成の概要

円、楕円、多角形、ライン、ポリライン、四角形、手描きの形状など、さまざまな形状の ROI を表す ROI オブジェクトを作成できます。

ROI の移行

R2018b 以降、以前の ROI オブジェクトのセットが新しい ROI オブジェクトのセットに置き換えられました。

ROI のフィルター処理とマスクの作成

ROI のフィルター処理の概要

関心領域 (ROI) をフィルター処理するには、まず ROI を背景から切り離すマスクを定義してから、ROI のみにフィルターを適用します。

バイナリ マスクの作成

バイナリ マスクは、画像のピクセルが関心領域に属するか背景に属するかを分類します。

イメージ内の関心領域のシャープ化

この例では、マスク フィルター処理を使用して、特定の関心領域の鮮鋭度を上げる方法を説明します。

イメージの関心領域へのカスタム フィルターの適用

この例では、関心領域をフィルターするための独自の関数とマスクを定義する方法を説明します。

イメージの関心領域の塗りつぶし

関心領域を塗りつぶす処理は、領域の境界上から内側に向かって内挿を行い、領域内のすべてのピクセルを置き換える処理を伴います。

イベントとコールバック関数を使用した対話型の ROI の作成

フリーハンド ROI のサブサンプリングまたは簡略化

この例では、Freehand ROI オブジェクト内の点をサブサンプリングする、つまり点の数を削減する方法を説明します。

ポリラインを使用した角度測定ツールの作成

この例では、ポリライン ROI を使用して 3 点測定ツールを作成するために必要な手順を説明します。

イメージ内の距離の測定

この例では、ライン ROI を使用してイメージ内の距離を測定する方法を説明します。

ROI の描画後の待機関数の使用

この例では、四角形の配置を終了するまで MATLAB® コマンド ラインをブロックするカスタム待機関数を定義する方法を説明します。

注目の例