Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

roicolor

関心領域 (ROI) を色に基づいて選択

説明

BW = roicolor(I,low,high) は、範囲 [low high] の範囲内にあるイメージ I のこれらのピクセルとして選択された ROI を返します。戻り値 BW は、関心領域の外側では 0、内側では 1 のバイナリ イメージです。

BW = roicolor(I,v) は、ベクトル v の値に一致するイメージ I にあるこれらのピクセルとして選択された ROI を返します。

すべて折りたたむ

インデックス付きイメージ X をカラーマップ map と共に読み込みます。カラーマップは 128 色です。インデックス付きイメージを表示します。

load trees
imshow(X,map)

色に基づいてバイナリ マスク イメージを作成します。範囲 [10, 20] 内のインデックスをもつピクセルの場合、マスクは true です。この範囲外のインデックスをもつピクセルの場合、マスクは false です。

BW = roicolor(X,10,20);

バイナリ マスクを表示します。

imshow(BW)

入力引数

すべて折りたたむ

インデックス付きイメージまたはグレースケール イメージ。m 行 n 列の数値行列を指定します。

ROI に含める最小値。数値スカラーとして指定します。

ROI に含める最小値。数値スカラーとして指定します。

ROI に含める値のセット。数値ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

バイナリ イメージ。m 行 n 列の logical 行列として返されます。

データ型: logical

ヒント

  • roifilt2 を使用すると、返されたイメージをマスク フィルター処理用のマスクとして使用できます。

  • カラーマップの範囲 [low high] を指定すると、

    BW = (I >= low) & (I <= high)
  • カラーマップの値のセット v を指定すると、roicolor で生成されたマスクは以下と等価です。

    BW = ismember(I,v)
R2006a より前に導入