Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

drawassisted

オブジェクト エッジの補助機能を使用したカスタマイズ可能なフリーハンド ROI の作成

説明

関数 drawassisted は、イメージに含まれるオブジェクトの輪郭に追従するフリーハンドの関心領域 (ROI) の形状と位置を指定する AssistedFreehand オブジェクトを作成します。ROI は、マウスを使ってイメージの上に ROI を描画することで対話形式で作成することも、名前と値の引数を使用してプログラムで作成することもできます。ROI の初期状態の外観と動作を指定することもできます。

Assisted Freehand ROI tracing the edge of an object between selected waypoints.

ROI を作成した後に、オブジェクト プロパティ、オブジェクト関数、およびイベント通知を使用して、その ROI の形状、位置、外観、および動作をカスタマイズできます。これらの機能の使用方法の詳細については、ヒントを参照してください。

roi = drawassistedAssistedFreehand オブジェクトを作成し、現在の座標軸での対話形式による手描きの関心領域 (ROI) の描画を有効にします。AssistedFreehand ROI はベースのイメージ内のエッジを使用して、形状の描画を "補助" します。

ROI を描画するには、ポインターをイメージに配置し、クリック アンド リリースして最初の頂点 (ウェイポイント) を配置します。次に、ポインターを移動してラインを描画します。形状を描くためにポインターを移動すると、ラインは自動的にベースのイメージ内のエッジの輪郭に従います。描画中にクリックして、ラインに沿って頂点を配置します。ROI の作成を終了して形状を閉じるには、ダブルクリックします。キーボード ショートカットやコンテキスト メニュー オプションを含む ROI の使用方法の詳細については、ヒントを参照してください。

roi = drawassisted(hImage) は、hImage で指定されるイメージに ROI を作成します。

roi = drawassisted(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値の引数を使用して ROI の外観や動作を変更します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

im = imread('peppers.png');
imshow(im)

補助付きフリーハンド ROI を描画します。

h = drawassisted;

ROI のマスクを作成します。

bw = createMask(h);

各ピクセルでソース イメージの透明度を指定するアルファ行列を作成します。

alphamat = imguidedfilter(single(bw),im,'DegreeOfSmoothing',2);

ターゲット イメージを表示します。

target = imread('fabric.png');
imshow(target)

ソース イメージとアルファ行列のサイズをターゲット イメージと同じサイズに変更します。

alphamat = imresize(alphamat,[size(target,1),size(target,2)]);
im = imresize(im,[size(target,1),size(target,2)]);

ソース ROI をターゲット イメージにアルファ ブレンドします。

fused = single(im).*alphamat + (1-alphamat).*single(target);
fused = uint8(fused);
imshow(fused)

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('cameraman.tif');

イメージを表示します。imshow の戻り値を使用して、表示されるイメージのハンドルを取得します。AssistedFreehand ROI を作成するにはベースのイメージが必要です。

img = imshow(I);

ベースのイメージを利用して、イメージ上に補助付きフリーハンド ROI を描画します。

roi = drawassisted(img,'Color','r');

ROI 移動イベントのリスナーを設定します。移動すると、ROI は、それらのイベントの通知を送信し、指定されたコールバック関数を実行します。

addlistener(roi,'MovingROI',@allevents);
addlistener(roi,'ROIMoved',@allevents);

コールバック関数 allevents は ROI の以前の位置と現在の位置を表示します。

function allevents(src,evt)
    evname = evt.EventName;
    switch(evname)
        case{'MovingROI'}
            disp(['ROI moving previous position: ' mat2str(evt.PreviousPosition)]);
            disp(['ROI moving current position: ' mat2str(evt.CurrentPosition)]);
        case{'ROIMoved'}
            disp(['ROI moved previous position: ' mat2str(evt.PreviousPosition)]);
            disp(['ROI moved current position: ' mat2str(evt.CurrentPosition)]);
    end
end

入力引数

すべて折りたたむ

ROI を描画するイメージ。Image オブジェクトとして指定します。

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

例: h = drawassisted(Color="y") は、黄色の AssistedFreehand オブジェクトを作成します。

R2021a より前では、コンマを使用して名前と値の各ペアを区切り、Name を引用符で囲みます。

例: h = drawassisted("Color","y") は、黄色の AssistedFreehand オブジェクトを作成します。

フリーハンド ROI を閉じる。数値または logical の 1 (true) か 0 (false) として指定します。true の場合、関数 drawassisted は、描画された最後のウェイポイントを描画された最初のウェイポイントと結ぶことによって ROI を閉じます。

ROI の色。RGB 3 成分、色の名前、または色の省略名として指定します。

RGB 3 成分を使用すると、任意の色を指定できます。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 3 つの要素から成る行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。

いくつかの一般的な色については、色の名前を string スカラーまたは文字ベクトルとして指定できます。次の表に、名前付きの色のオプション、およびそれと等価な RGB 3 成分を示します。

色の名前省略名RGB 3 成分外観
'red''r'[1 0 0]

A rectangle colored pure red

'green''g'[0 1 0]

A rectangle colored pure green

'blue''b'[0 0 1]

A rectangle colored pure blue

'cyan' 'c'[0 1 1]

A rectangle colored pure cyan

'magenta''m'[1 0 1]

A rectangle colored pure magenta

'yellow''y'[1 1 0]

A rectangle colored pure yellow

'black''k'[0 0 0]

A rectangle colored black

'white''w'[1 1 1]

A rectangle colored white

以下に、MATLAB® がさまざまなタイプのプロットで使用する既定の色の RGB 3 成分を示します。

RGB 3 成分外観
[0 0.4470 0.7410]

A rectangle colored medium blue

[0.8500 0.3250 0.0980]

A rectangle colored reddish-orange

[0.9290 0.6940 0.1250]

A rectangle colored dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]

A rectangle colored dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]

A rectangle colored light green

[0.3010 0.7450 0.9330]

A rectangle colored light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]

A rectangle colored dark red

例: 'Color','r'

例: 'Color','green'

例: 'Color',[0 0.4470 0.7410]

ROI を右クリックしたときに表示されるコンテキスト メニュー。ContextMenu オブジェクトとして指定します。関数 uicontextmenu を使用してコンテキスト メニュー プロパティを設定することによって、カスタム コンテキスト メニューを作成できます。

ROI を削除するオプションをコンテキスト メニューに表示するかどうか。数値または logical の 1 (true) か 0 (false) として指定します。値が true の場合、コンテキスト メニューを使用して ROI を対話形式で削除できます。値が false の場合、ROI を削除するコンテキスト メニュー オプションは無効になります。

どちらの場合も、コンテキスト メニューではなく関数 delete を使用して ROI を削除できます。

ROI 面の透明度。[0, 1] の範囲の数値として指定します。値が 1 の場合、ROI 面は完全に不透明になります。値が 0 の場合、ROI 面は完全に透明になります。

ROI 面でクリックをキャプチャ可能。数値または logical の 1 (true) か 0 (false) として指定します。true の場合、ROI 面でマウス クリックをキャプチャします。false (既定の設定) の場合、ROI 面でマウス クリックをキャプチャしません。

親の Children プロパティでの ROI ハンドルの可視性。次の表のいずれかの値として指定します。

説明
'on'オブジェクト ハンドルは常に参照できます (既定の設定)。
'off'オブジェクト ハンドルは常に参照できません。
'callback' オブジェクト ハンドルはコールバックまたはコールバックによって呼び出された関数内から参照できますが、コマンド ラインから呼び出された関数内からは参照できません。

ROI を描画するイメージ。Image オブジェクトとして指定します。

ROI の対話性。次の表のいずれかの値で指定します。

説明
'all'ROI は完全に対話形式で操作できます (既定の設定)。
'none'ROI は対話形式で操作できず、ドラッグ ポイントが表示されません。
'translate'ROI は描画領域内で平行移動できますが、形状の変更はできません。
'reshape'ROI は形状の変更はできますが、平行移動はできません。

ROI ラベル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。既定では、ROI にラベルはありません ('')。

テキストの背景の透明度。[0, 1] の範囲の数値として指定します。1 に設定すると、テキストの背景は完全に不透明になります。0 に設定すると、テキストの背景は完全に透明になります。

ラベル テキストの色。RGB 3 成分、色の名前、または色の省略名として指定します。

RGB 3 成分を使用すると、任意の色を指定できます。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 3 つの要素から成る行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。

いくつかの一般的な色については、色の名前を string スカラーまたは文字ベクトルとして指定できます。次の表に、名前付きの色のオプション、およびそれと等価な RGB 3 成分を示します。

色の名前省略名RGB 3 成分外観
'red''r'[1 0 0]

A rectangle colored pure red

'green''g'[0 1 0]

A rectangle colored pure green

'blue''b'[0 0 1]

A rectangle colored pure blue

'cyan' 'c'[0 1 1]

A rectangle colored pure cyan

'magenta''m'[1 0 1]

A rectangle colored pure magenta

'yellow''y'[1 1 0]

A rectangle colored pure yellow

'black''k'[0 0 0]

A rectangle colored black

'white''w'[1 1 1]

A rectangle colored white

以下に、MATLAB がさまざまなタイプのプロットで使用する既定の色の RGB 3 成分を示します。

RGB 3 成分外観
[0 0.4470 0.7410]

A rectangle colored medium blue

[0.8500 0.3250 0.0980]

A rectangle colored reddish-orange

[0.9290 0.6940 0.1250]

A rectangle colored dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]

A rectangle colored dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]

A rectangle colored light green

[0.3010 0.7450 0.9330]

A rectangle colored light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]

A rectangle colored dark red

例: 'LabelTextColor','r'

例: 'LabelTextColor','green'

例: 'LabelTextColor',[0 0.4470 0.7410]

ラベルの可視性。次のいずれかの値として指定します。

説明
'on'ROI が表示されている場合、ラベルは表示されます。
'hover'マウスのカーソルを ROI 上に置いている場合のみ、ラベルは表示されます。
'off'ラベルは表示されません。

ROI の境界線の幅。ポイント単位の正の数値として指定します。既定値はスクリーン ピクセルに対する点の数の 3 倍です。つまり、既定では境界線の幅は 3 ピクセルになります。

マーカー サイズ。ポイント単位の正の数値として指定します。既定値はスクリーン ピクセルに対する点の数の 8 倍です。つまり、既定ではマーカー サイズは 8 ピクセルになります。

ROI の親。Axes または UIAxes オブジェクトとして指定します。重要な制限など UIAxes で ROI を使用する方法の詳細については、App Designer を使って作成したアプリでの ROI の使用を参照してください。

ROI の位置。n 行 2 列の数値行列として指定します。ここで、n は ROI を定義する頂点または点の数です。各行は、頂点または点の [x y] 座標を表します。

ROI の選択状態。数値または logical の 0 (false) か 1 (true) として指定します。

選択したときの ROI の色。RGB 3 成分、色の名前、色の省略名、または 'none' として指定します。'none' を指定した場合、Color の値はすべての状態 (選択または未選択) の ROI の色を定義します。

RGB 3 成分を使用すると、任意の色を指定できます。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 3 つの要素から成る行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。

いくつかの一般的な色については、色の名前を string スカラーまたは文字ベクトルとして指定できます。次の表に、名前付きの色のオプション、およびそれと等価な RGB 3 成分を示します。

色の名前省略名RGB 3 成分外観
'red''r'[1 0 0]

A rectangle colored pure red

'green''g'[0 1 0]

A rectangle colored pure green

'blue''b'[0 0 1]

A rectangle colored pure blue

'cyan' 'c'[0 1 1]

A rectangle colored pure cyan

'magenta''m'[1 0 1]

A rectangle colored pure magenta

'yellow''y'[1 1 0]

A rectangle colored pure yellow

'black''k'[0 0 0]

A rectangle colored black

'white''w'[1 1 1]

A rectangle colored white

以下に、MATLAB がさまざまなタイプのプロットで使用する既定の色の RGB 3 成分を示します。

RGB 3 成分外観
[0 0.4470 0.7410]

A rectangle colored medium blue

[0.8500 0.3250 0.0980]

A rectangle colored reddish-orange

[0.9290 0.6940 0.1250]

A rectangle colored dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]

A rectangle colored dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]

A rectangle colored light green

[0.3010 0.7450 0.9330]

A rectangle colored light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]

A rectangle colored dark red

例: 'SelectedColor','r'

例: 'SelectedColor','green'

例: 'SelectedColor',[0 0.4470 0.7410]

対話形式で配置した後の ROI のエッジに適用する平滑化。非負の数値として指定します。関数 drawassisted は、既定の標準偏差 1 のガウス平滑化カーネルを使用して、ROI の x 座標と y 座標をフィルター処理します。ガウス フィルターのサイズは 2*ceil(2*Smoothing)+1 です。描画を完了した後にのみ平滑化効果を確認できます。

ROI ストライプの色。RGB 3 成分、色の名前、色の省略名、または 'none' として指定します。'none' を指定した場合、ROI のエッジは Color で指定された単色になります。そうでない場合、ROI のエッジはストライプ状になります。このとき、Color および StripeColor で指定された色が交互に現れます。

RGB 3 成分を使用すると、任意の色を指定できます。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 3 つの要素から成る行ベクトルです。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。

いくつかの一般的な色については、色の名前を string スカラーまたは文字ベクトルとして指定できます。次の表に、名前付きの色のオプション、およびそれと等価な RGB 3 成分を示します。

色の名前省略名RGB 3 成分外観
'red''r'[1 0 0]

A rectangle colored pure red

'green''g'[0 1 0]

A rectangle colored pure green

'blue''b'[0 0 1]

A rectangle colored pure blue

'cyan' 'c'[0 1 1]

A rectangle colored pure cyan

'magenta''m'[1 0 1]

A rectangle colored pure magenta

'yellow''y'[1 1 0]

A rectangle colored pure yellow

'black''k'[0 0 0]

A rectangle colored black

'white''w'[1 1 1]

A rectangle colored white

以下に、MATLAB がさまざまなタイプのプロットで使用する既定の色の RGB 3 成分を示します。

RGB 3 成分外観
[0 0.4470 0.7410]

A rectangle colored medium blue

[0.8500 0.3250 0.0980]

A rectangle colored reddish-orange

[0.9290 0.6940 0.1250]

A rectangle colored dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]

A rectangle colored dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]

A rectangle colored light green

[0.3010 0.7450 0.9330]

A rectangle colored light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]

A rectangle colored dark red

例: 'StripeColor','r'

例: 'StripeColor','green'

例: 'StripeColor',[0 0.4470 0.7410]

ROI に関連付けるタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。関数 findobj を使用してオブジェクトの階層内の ROI オブジェクトを見つけるには、このタグ値を使用します。

ROI に関連付けるデータ。任意の MATLAB データとして指定します。たとえば、スカラー、ベクトル、行列、cell 配列、string、文字配列、table、または構造体を指定できます。drawassisted オブジェクトはこのデータを使用しません。

ROI の可視性。'on''off'、または数値か logical の 1 (true) か 0 (false) として指定します。値 'on' は true と等価であり、'off' は false と等価です。この値は、OnOffSwitchState 型の on/off の logical 値として格納されます。

説明
'on'ROI を表示します。
'off'ROI を削除せずに非表示にします。ただし、非表示の ROI のプロパティにアクセスすることはできます。

位置の点をウェイポイントとするかどうか。n 行 1 列の logical ベクトルとして指定します。ここで、n は ROI を定義する点の数です。Waypoints の長さは、名前と値の引数 Position の行数と一致しなければなりません。値が true である Waypoints の要素は、Position 行列の対応する点がウェイポイントであることを表しています。

ウェイポイントは ROI エッジ上に円として表示されます。マウスでウェイポイントをクリック アンド ドラッグすることにより、ウェイポイントを使用して ROI の形状を変更できます。ウェイポイントを移動すると、クリックしたウェイポイントと隣接するウェイポイントの間のフリーハンドで描画した領域が変更されます。

出力引数

すべて折りたたむ

補助付きフリーハンド ROI。AssistedFreehand オブジェクトとして返されます。

ヒント

  • 次の表に、AssistedFreehand ROI を使用した一般的なタスクの実行方法を示します。

    動作キーボード ショートカット
    ROI の描画をキャンセルする。Esc キーを押します。関数は Position プロパティが空の有効な ROI オブジェクトを返します。
    ROI の描画を終了する (閉じる)。

    ダブルクリックします。これにより、ポインターの位置に点が追加され、描画した最初の点にこの点をつなぐラインが描画され、ROI が閉じます。

    右クリックします。これにより、描画した最初の点に最後の点をつなぐラインが描画されます。

    最初の点にポインターを配置して、クリックします。

    Enter キーを押します。これにより、描画した最初の点に最後の点をつなぐラインが描画されます。

    ROI をサイズ変更 (形状変更) する。

    ウェイポイントにポインターを配置し、クリック アンド ドラッグします。このモードでは補助機能 (エッジへのスナッピング) を使用できません。

    ウェイポイントを追加する。

    ROI のエッジにポインターを配置し、右クリックして [ウェイポイントの追加] を選択します。ROI のエッジにポインターを配置し、ダブルクリックすることもできます。

    ウェイポイントを削除する。

    ウェイポイントにポインターを配置し、右クリックして [ウェイポイントの削除] を選択します。

    ROI を移動する。ROI 上にポインターを配置します。ポインターが花形に変わります。クリック アンド ドラッグして ROI を移動します。
    ROI を削除する。ポインターを (頂点上ではなく) ROI 上に配置し、右クリックして表示されたコンテキスト メニューから [フリーハンドの削除] を選択します。関数 delete を使用して、プログラムによって ROI を削除することもできます。
  • 関数 drawassisted は、AssistedFreehand オブジェクトを作成します。オブジェクトを作成した後に、これらのオブジェクト機能を使用して ROI の形状、位置、外観、および動作を変更できます。

    Capabilityサポート
    オブジェクト プロパティ

    ROI オブジェクトには、ROI の形状、位置、外観、および動作を指定するプロパティが用意されています。ROI オブジェクトを作成した後に、ドット表記を使用してプロパティを変更します。

    たとえば、roi の色を黄色に変更するには、その Color プロパティを設定します。

    roi.Color = 'yellow'

    オブジェクト関数ROI オブジェクトには、ROI を操作するオブジェクト関数が用意されています。たとえば、ROI の作成後、MATLAB コマンド ラインを一時停止する場合は、関数 wait を使用します。
    イベント通知

    ROI オブジェクトは、ROI に対してクリックや移動などの特定のイベントが発生したときに、そのイベントをコードに通知することができます。イベント通知を受け取るには、"リスナー" を設定します。ROI がリスナーを通じてアプリケーションに通知するとき、イベントに固有のデータを返します。たとえば、ROIMoved イベントの場合、ROI オブジェクトはその以前の位置と現在の位置を返します。イベントが発生したときに実行されるコールバック関数を指定できます。

    イベント リスナーを AssistedFreehand オブジェクトと共に使用する例については、AssistedFreehand イベントのリスナーの設定を参照してください。

バージョン履歴

R2018b で導入

すべて展開する