ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ROI のフィルター処理の概要

関心領域 (ROI) のフィルター処理とは、イメージ内の、バイナリ マスクで定義された領域にフィルターを適用する処理です。たとえば、強度調整フィルターをイメージの特定の領域に適用できます。

イメージ内の ROI をフィルター処理するには、関数 roifilt2 を使用します。roifilt2 を呼び出す際に指定する項目は次のとおりです。

  • フィルター処理する入力グレースケール イメージ

  • ROI を定義するバイナリ マスク イメージ

  • フィルター (2 次元フィルターまたは関数)

roifilt2 は、入力イメージをフィルター処理し、バイナリ マスクが 1 の部分のピクセルに対してはフィルター処理された値で構成されるイメージを返し、バイナリ マスクが 0 の部分のピクセルに対してはフィルター処理されていない値で構成されるイメージを返します。この種の演算を、"マスクしたフィルター処理" といいます。

roifilt2 は、元のイメージがあったとおりの範囲にデータを出力する演算に適しています。なぜなら、出力イメージはそのデータの一部を、入力イメージから直接利用するからです。フィルター処理操作により、イメージ データがデータ型がもつ範囲を超えることもあります (たとえば、double クラスに対しては [0,1] で、uint8 クラスに対しては [0,255] で、uint16 クラスに対しては [0,65535] です)。詳細は、roifilt2 のリファレンス ページを参照してください。