Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

基本的な HDL アルゴリズム

基本的な Simulink® ブロックを使用した簡単な HDL 設計の作成

HDL Coder ブロック ライブラリには、Simulink モデル化環境に追加して、HDL アルゴリズムを開発できる多くの基本的なブロックが含まれます。これらのブロックには、入力ソース、出力シンクや、数学演算および三角演算など、簡単なものから複雑なものまで実行するブロックが含まれます。

Simulink ライブラリ ブラウザーを絞り込んで HDL でサポートされたブロックのみを表示するには、「hdllib」と入力します。この節に記載されているブロックには、[HDL Coder] ライブラリでのみ使用可能なブロックが含まれます。Add および Product などのブロックは、ライブラリ ブラウザーの [Simulink] ライブラリにあります。

HDL コード生成でサポートされている Simulink ブロックのフィルターされたリストについては、Simulink ブロックのリスト (HDL コード生成) を参照してください。

関数

hdllibHDL コード生成と互換性のあるブロックの表示

ブロック

すべて展開する

Bit Concat最大 128 の入力語を単一の出力に連結
Bit Reduce入力信号のすべてのビットをシングル ビットにする AND、OR、または XOR ビット リダクション
Bit Rotate入力信号をビット位置で回転
Bit Shift入力信号の論理シフトまたは算術シフト
Bit Slice入力信号から連続ビットのフィールドを返す
Bits to WordConvert vector of bits to integer (R2023a 以降)
Word to BitsConverts real numbers to vector of bits (R2023a 以降)
Sine HDL Optimized and Cosine HDL OptimizedHDL コード生成用に最適化されたルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波と余弦波を実装
HDL Counterフリーランまたはカウント制限ハードウェア カウンター
Atan2制御信号ベースの関数 atan2 を実装する (R2020b 以降)
Sin制御信号ベースの正弦関数を実装する (R2020b 以降)
CosImplement control signal based cosine function (R2020b 以降)
Cos+jSinImplement control signal based Cos+jSin function (R2020b 以降)
SinCosImplement control signal based sine and cosine function (R2020b 以降)
rSqrtImplement control-signal-based reciprocal square root function (R2020b 以降)
SqrtImplement control-signal-based square root function (R2020b 以降)
DivideImplement control-signal-based division operation (R2020b 以降)
ReciprocalImplement control-signal-based reciprocal operation (R2020b 以降)

トピック

基本的なモデル化

サポートするデータ型