Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

HDL Counter

フリーランまたはカウント制限ハードウェア カウンター

  • ライブラリ:
  • HDL Coder / Sources

  • HDL Counter block

説明

HDL Counter ブロックは、符号付き整数と符号なし整数および固定小数点のデータ型をサポートするフリーラン、カウント制限、またはモジュロ ハードウェア カウンターをモデル化します。このカウンターは、現在のサンプル時間に対する値を出力します。シミュレーション中、このブロックはオーバーフロー時のラップが原因で発生する警告およびエラーを報告しません。これらの警告を報告するには、Simulink.restoreDiagnostic を参照してください。

既定の設定では、カウンターに入力端子はありません。カウンターは、[Counter type][Count to value]、および [Word length] に基づいて、初期値からしきい値までカウント アップします。カウンターの出力データ型は、[Counter output data][Word length]、および [Fraction length] に依存します。

端子

入力

すべて展開する

High のときにカウント値をリセットするカウンターのローカル リセット端子。

依存関係

この端子を有効にするには、[Local reset port] を設定します。

データ型: Boolean

High のときにカウンターを読み込み値 load_val に設定する読み込み端子。

依存関係

この端子を有効にするには、[Load ports] を設定します。

データ型: Boolean

読み込み端子に High 入力が与えられたときに、カウント値の設定に読み込むデータ値。

依存関係

この端子を有効にするには、[Load ports] を設定します。

データ型: Boolean

カウンターが前の値からカウントするかどうかを指定するイネーブル信号。この信号が High のとき、カウンターのカウントは方向に応じてアップまたはダウンを続けます。この信号が Low のとき、カウンターは直前の値を保持します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Count enable port] を設定します。

データ型: Boolean

カウント アップまたはカウント ダウンを指定するカウント方向。この端子は、[Step value] と連携し、カウント方向を決定します。

  • 1: この値は既定値で、加算カウンターとなります。[Step value] は現在のカウンター値に加算され、次の値が計算されます。

  • 0: この値で減算カウンターとなります。[Step value] は現在のカウンター値から減算され、次の値が計算されます。

依存関係

この端子を有効にするには、[Count direction port] を設定します。

データ型: Boolean

出力

すべて展開する

これはカウンター値です。既定では、入力端子を有効にしていない場合、カウンターは [Counter type][Count to value]、および [Word length] に基づいて決まる値までカウント アップします。

データ型: int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

カウンター限度のインジケーター。boolean スカラーとして返されます。

  • 1: カウンターが限度に達したことを示しています。

  • 0: カウンターが限度に達していなかったことを示しています。

依存関係

この端子を有効にするには、[Count hit output port] パラメーターを選択します。

データ型: Boolean

パラメーター

すべて展開する

フリー ラン、カウント制限、またはモジュールのハードウェア カウンターをモデル化するかを決定するカウンター動作。

  • Free running (既定の設定): カウンターは、リセットされるまで [Step value] ずつインクリメントまたはデクリメントを続けます。

  • Count limited: カウンターは、[Count to value] と厳密に等しくなるまで [Step value] ずつインクリメントまたはデクリメントされます。カウント値が [Count to value] と厳密に等しくならないような [Step value] の値の場合、語長によって決まるしきい値までカウントが続きます。

  • Modulo: カウンターは、[Count to value] に達するまで [Step value] ずつインクリメントまたはデクリメントされます。カウント値が [Count to value] と厳密に等しくならないような [Step value] の値の場合、ラッピングしたステップ値によって決まる値にカウンターがラップされます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountType
型: 文字ベクトル
値: 'Free running' | 'Count limited' | 'Modulo'
既定の設定: 'Free running'

カウンターをリセットする値。既定値は 0 です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountInit
型: 文字ベクトル
値: 0 以上の整数
既定の設定: '0'

サンプル時間ごとにカウンターに加算される値。既定値は 1 です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountStep
型: 文字ベクトル
値: 0 以上の整数
既定の設定: '1'

[Count limited] カウンターを使用している場合、カウントが [Count to value] に厳密に等しくなると、カウントは [Initial value] からリスタートします。カウント値が [Count to value] を超えても、カウンターは [Word length] に依存するしきい値までカウントを続けます。既定の設定は 25 です。

[Modulo] カウンターを使用している場合、カウントが [Count to value] に達すると、カウントはラッピングしたステップ値によって決まる値からリスタートします。

依存関係

この端子を有効にするには、[Counter type][Count limited] または [Modulo] に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountMax
型: 文字ベクトル
値: 0 以上の整数
既定の設定: '25'

[Count limited] カウンターまたは [Free running] カウンターを使用する場合、ロールオーバー後の開始値を設定するパラメーターを指定します。[Modulo] カウンターを使用する場合、カウンターは、カウント元の値とは異なるラッピングしたステップ値にロールオーバーできます。[Specify] に設定した場合、[Count from value] パラメーターがロールオーバー後の開始値となります。既定値は [Initial value] です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountFromType
型: 文字ベクトル
値: 'Initial value' | 'Specify'
既定の設定: 'Initial value'

[Count from][Specify] に設定されている場合、ロールオーバー後のカウンター値。既定値は 0 です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountFrom
型: 文字ベクトル
値: 'Initial value' | 'Specify'
既定の設定: 'Initial value'

選択した場合、ローカルのリセット端子 rst を作成します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountResetPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

選択した場合、読み込みデータ端子 load_val および読み込みトリガー端子 load を作成します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountLoadPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

選択した場合、カウント イネーブル端子 enb を作成します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountEnbPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

選択した場合、カウント方向端子 dir を作成します。

このパラメーターを有効にすると、[Count hit output port] パラメーターが無効になります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountDirPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

[count_hit] 出力端子を有効にするには、このパラメーターを選択します。

このパラメーターを有効にすると、[Count direction port] パラメーターがクリアされます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountHitOutputPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

出力データ型の符号属性。既定値は [Unsigned] です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountDataType
型: 文字ベクトル
値: 'Unsigned' | 'Signed'
既定の設定: 'off'

整数カウンターの場合、符号ビットを含むビット幅。固定小数点データ型カウンターの場合、語長。最小値は、出力データ型[Unsigned] の場合 1[Signed] の場合 2 となります。最大値は 125 です。既定の設定は 8 です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountWordLen
型: 文字ベクトル
値: 1 以上の整数
既定の設定: '8'

固定小数点データ型の小数部の長さ。既定の設定は 0 です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountFracLen
型: 文字ベクトル
値: 0 以上の整数
既定の設定: '0'

サンプル時間。既定の設定は 1 です。次のいずれかのパラメーターが選択されている場合、このパラメーターは使用できません。ブロックはサンプル時間を入力端子から継承します。

  • Local reset port

  • Load ports

  • Count enable port

  • Count direction port

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: CountSampTime
型: 文字ベクトル
値: 1 以上の整数
既定の設定: '1'

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2014a で導入