Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

大規模行列演算のチェック

チェック ID: com.mathworks.HDL.ModelChecker.runMatrixSizesChecks

大規模行列演算をチェックします。

説明

このチェックでは、設計に以下のものが含まれている場合に警告が表示されます。

  • 2 次元より大きい行列の型をもつ信号。HDL コード生成では、最大 2 次元の行列をサポートしています。

  • AddSum、または Product ブロックを使用し、結果が 10 を超える要素をもつ出力行列となる大規模行列演算。このような設計から生成された HDL コードを合成すると、結果的に、ターゲット FPGA で多くのリソースを使用することになります。詳細については、ブロックのリファレンス ページの [HDL コード生成] セクションを参照してください。

結果と推奨アクション

この警告を修正するには、設計を更新して 2 次元を超える型の行列がないように、また、行列演算の結果が 10 を超える要素をもつ出力を生成しないようにします。チェックがパスするかどうかを検証するには、設計をコンパイルしてチェックを再実行します。

参考