Main Content

Float Typecast ブロックでのシミュレーションと HCL コードの生成

この例では、Float Typecast ブロックを使用して浮動小数点入力から符号、指数および仮数のビットを取り出し、計算を実行した後の浮動小数点出力にこのビットを変換して戻す方法について説明します。

hdlcoder_float_typecast_example モデル例を開きます。

open_system('hdlcoder_float_typecast_example')

このモデルは浮動小数点入力を 2 で乗算して浮動小数点出力を生成します。入力を乗算するために、このアルゴリズムでは指数を 1 つインクリメントします。HDL_DUT サブシステムを開きます。

open_system('hdlcoder_float_typecast_example/HDL_DUT')

このモデルは、関数 hdlsetup を使用して HDL との互換性のために既に構成されています。モデルのシミュレーションを実行します。

sim('hdlcoder_float_typecast_example')
open_system('hdlcoder_float_typecast_example')

HDL コードを生成する前に、Native Floating Point モードを有効にします。

nfpconfig = hdlcoder.createFloatingPointTargetConfig('NATIVEFLOATINGPOINT');
hdlset_param('hdlcoder_float_typecast_example', ...
                            'FloatingPointTargetConfiguration', nfpconfig);

HDL_DUT サブシステムの HDL コードを生成します。

makehdl('hdlcoder_float_typecast_example')