Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

階層設計と同期ハードウェアの動作

State Control ブロックを使用したサブシステムおよび階層 HDL 設計の作成

HDL Coder ブロック ライブラリには、Simulink® モデル化環境に追加して、HDL アルゴリズムを開発できる多くのブロックが含まれます。大規模な設計のモデル化を行うには、モデルをサブシステムに分割して階層設計を作成します。同期ハードウェアの動作についてとハードウェア親和型の HDL コードを生成するには、サブシステム内部の State Control ブロックを使用します。

Simulink ライブラリ ブラウザーを絞り込んで HDL でサポートされたブロックのみを表示するには、「hdllib」と入力します。この節に記載されているブロックには、[HDL Coder] ライブラリでのみ使用可能なブロックが含まれます。Foreach Subsystem および Atomic Subsystem などのブロックは、ライブラリ ブラウザーの [Simulink] ライブラリにあります。

HDL コード生成でサポートされている Simulink ブロックのフィルターされたリストについては、Simulink ブロックのリスト (HDL コード生成) を参照してください。

関数

hdllibHDL コード生成と互換性のあるブロックの表示

ブロック

すべて展開する

Unit Delay Enabled Synchronous外部イネーブル信号が true の場合に入力信号を 1 サンプル周期だけ遅延
Unit Delay Resettable Synchronous外部リセット信号が false の場合に入力信号を 1 サンプル周期だけ遅延
Unit Delay Enabled Resettable Synchronous外部イネーブル信号が true かつ外部リセット信号が false の場合に入力信号を 1 サンプル周期だけ遅延
State Control状態をもつブロックの同期リセットおよびイネーブル動作の指定
Synchronous SubsystemRepresent subsystem that has synchronous reset and enable behavior
Enabled Synchronous SubsystemRepresent enabled subsystem that has synchronous reset and enable behavior
Resettable Synchronous SubsystemRepresent resettable subsystem that has synchronous reset and enable behavior

トピック