Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

旧式の Unit Delay Enabled/Resettable ブロックのチェック

チェック ID: com.mathworks.HDL.ModelChecker.runObsoleteDelaysChecks

DUT に旧式の Unit Delay Enabled/Resettable ブロックが含まれているかどうかをチェックします

説明

このチェックでは、DUT サブシステムに次のブロックが含まれている場合に警告が表示されます。

  • Unit Delay Enabled

  • Unit Delay Resettable

  • Unit Delay Enabled Resettable

これらのブロックは旧式です。コード ジェネレーターでは Simulink® モデルでのこれらのブロックの使用は推奨されません。

結果と推奨アクション

この警告を修正するには、[設定の変更] をクリックします。コード ジェネレーターはこれらのブロックを、対応する同じ処理を同期的に行うブロックで次のように置き換えます。

これらは同期シミュレーションの動作に State Control ブロックを使用し、ハードウェア親和型の HDL コードを生成するため、これらのブロックが推奨されます。詳細については、State Control ブロックを使用する同期サブシステムの動作を参照してください。