Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exportONNXNetwork

ONNX モデル形式へのネットワークのエクスポート

説明

exportONNXNetwork(net,filename) は、ONNX™ 形式のファイル filename に重みを使用して深層学習ネットワーク net をエクスポートします。filename が存在する場合、exportONNXNetwork はファイルを上書きします。

この関数には、Deep Learning Toolbox™ Converter for ONNX Model Format サポート パッケージが必要です。このサポート パッケージがインストールされていない場合、関数によってダウンロード用リンクが表示されます。

exportONNXNetwork(net,filename,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数で指定された追加オプションを使用してネットワークをエクスポートします。

すべて折りたたむ

事前学習済み SqueezeNet 畳み込みニューラル ネットワークを読み込みます。

net = squeezenet
  DAGNetwork with properties:

         Layers: [68×1 nnet.cnn.layer.Layer]
    Connections: [75×2 table]
     InputNames: {'data'}
    OutputNames: {'ClassificationLayer_predictions'}

ネットワークを squeezenet.onnx という名前の現在のフォルダーに ONNX 形式のファイルとして現在のフォルダーにエクスポートします。Deep Learning Toolbox Converter for ONNX Model Format サポート パッケージがインストールされていない場合、関数によってアドオン エクスプローラーに必要なサポート パッケージへのリンクが表示されます。サポート パッケージをインストールするには、リンクをクリックして、[インストール] をクリックします。

filename = 'squeezenet.onnx';
exportONNXNetwork(net,filename)

これで、ONNX インポートをサポートする深層学習フレームワークに squeezenet.onnx ファイルをインポートできます。

入力引数

すべて折りたたむ

学習済みネットワーク。SeriesNetwork または DAGNetwork オブジェクトとして指定します。事前学習済みのネットワークをインポートする (たとえば、関数 googlenet を使用する)、または trainNetwork を使用して独自のネットワークに学習させることによって、学習済みネットワークを取得できます。

ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'network.onnx'

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: exportONNXNetwork(net,filename,'NetworkName','my_net') はネットワークをエクスポートし、保存した ONNX ネットワークのネットワーク名として 'my_net' を指定します。

保存したファイルに格納する ONNX ネットワークの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'my_squeezenet'

エクスポートしたモデルで使用する ONNX 演算子セットのバージョン。既定の演算子セットでエクスポートしようとするネットワークがサポートされていない場合、後のバージョンを使用してみてください。エクスポートされたネットワークを別のフレームワークにインポートし、エクスポート時にインポーターによってサポートされない演算子セットを使用した場合、インポートが失敗する可能性があります。

例: 6

ヒント

参照

[1] Open Neural Network Exchange. https://github.com/onnx/.

[2] ONNX. https://onnx.ai/.

R2018a で導入