ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

maxUnpooling2dLayer

最大逆プーリング層

説明

最大逆プーリング層は、最大プーリング層の出力を逆プーリングします。

この層には次の 3 つの入力があります。

  • 'in' — 逆プーリングする入力の特徴マップ。

  • 'indices' — プールされた各領域の最大値のインデックス。これは最大プーリング層によって出力されます。

  • 'size' — 逆プーリングされた特徴マップの出力サイズ。これは最大プーリング層によって出力されます。

connectLayers または disconnectLayers を使用して最大逆プーリング層から他の層への結合または切り離しを行うときには、入力名を使用します。

作成

構文

layer = maxUnpooling2dLayer
layer = maxUnpooling2dLayer('Name',Name)

説明

layer = maxUnpooling2dLayer は最大逆プーリング層を作成します。

layer = maxUnpooling2dLayer('Name',Name) は、Name プロパティを設定します。最大逆プーリング層を含むネットワークを作成するには、層の名前を指定しなければなりません。

プロパティ

すべて展開する

層の名前。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

すべて折りたたむ

最大プーリング層の出力を逆プーリングする最大逆プーリング層を作成します。

layer = maxUnpooling2dLayer
layer = 
  MaxUnpooling2DLayer with properties:

    Name: ''

最大プーリング層を作成し、'HasUnpoolingOutputs' プロパティを true に設定します。このプロパティにより、最大プーリング層に 2 つの追加の出力 'indices' および 'size' が指定されます。この結果、層の逆プーリングが可能になります。最大逆プーリング層も作成します。

layers = [
    maxPooling2dLayer(2,'Stride',2,'Name','mpool','HasUnpoolingOutputs',true)
    maxUnpooling2dLayer('Name','unpool');
]
layers = 
  2x1 Layer array with layers:

     1   'mpool'    Max Pooling     2x2 max pooling with stride [2  2] and padding [0  0  0  0]
     2   'unpool'   Max Unpooling   Max Unpooling

層を layerGraph に追加することによって順に結合します。このステップで、最大プーリング層の出力 'out' が最大逆プーリング層の入力 'in' に結合されます。

lgraph = layerGraph(layers)
lgraph = 
  LayerGraph with properties:

         Layers: [2×1 nnet.cnn.layer.Layer]
    Connections: [1×2 table]

最大プーリング層の出力を最大逆プーリング層の入力に結合することによって、最大プーリング層の出力を逆プーリングします。

lgraph = connectLayers(lgraph,'mpool/indices','unpool/indices');
lgraph = connectLayers(lgraph,'mpool/size','unpool/size');

R2017b で導入