Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データのインポートとエクスポート

MATLAB® との間のデータの移動

MATLAB には、MATLAB ワークスペース間でのデータの移動に役立つインポート/エクスポート関数がいくつか用意されています。サポートされるファイル形式、関連するインポート/エクスポート関数の表については、インポートとエクスポートでサポートされるファイル形式を参照してください。あるいは、データを対話的にインポートする場合は、インポート ツールを使用できます。

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、データのインポートおよびエクスポートを行う以下の関数も用意されています。

関数

casereadケース名のファイルからの読み取り
casewriteケース名のファイルへの書き込み
tblreadファイルからの表形式データの読み込み
tblwrite表形式データのファイルへの書き込み
tdfreadタブ区切りファイルの読み取り
xptreadSAS XPORT 形式ファイルに保存されているデータからのテーブルの作成

トピック

標本データセット

データセットには、個々のデータ変数、参照付きの記述変数、データセットとその記述をカプセル化するデータセット配列が適宜含まれます。