ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gplotmatrix

グループ別散布図の行列

説明

gplotmatrix(x,[],group) は、group 内のグループ化変数によってグループ化された x 内のデータの散布図の行列を作成します。生成される Figure 内の軸の各集合には、x の他の列に対する x の列の散布図が含まれます。また、グループ化されたヒストグラムの輪郭を対角線にプロットします。

gplotmatrix(x,y,group) は、散布図の行列を作成します。結果となる Figure 内に含まれる軸の各集合は、y の列に対する x の列の散布図が含まれています。すべてのプロットは、グループ化変数 group ごとにグループ化されます

xy は、行数が等しい行列です。x"p" 列があり、y"q" 列がある場合、Figure は散布図の "p""q" 列の行列を含みます。y を省略するか空の行列 [] として指定すると、gplotmatrix は、x の列同士で散布の正方行列を作成します。

group はグループ化変数であり、カテゴリカル変数、ベクトル、文字配列、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列にすることができます。group の行数は、x および y と同じでなければなりません。group と同じ値をもつ点群は、同じグループに置かれ、同じマーカーと色をもつグラフ上に表示されます。group は、いくつかのグループ化変数 ({g1 g2 g3} など) を含む cell 配列となることもあります。この場合、グループ化変数のすべてについて、共通の値をもつ場合、観測は、同じグループに属します。

gplotmatrix(x,y,group,clr,sym,siz) は、各グループの色、マーカー タイプおよびサイズを指定します。clr は、関数 plot で認識できる色の文字配列または string 配列です。sym は、plot コマンドで認識できる記号の文字配列または string 配列で、既定値は '.' です。siz はサイズのベクトルで、既定値は観測値の個数に基づいて決定されます。すべてのグループに十分な値が指定されていない場合、必要に応じて gplotmatrix は指定の値で実行を繰り返します。

gplotmatrix(x,y,group,clr,sym,siz,doleg) は、凡例をグラフに表示するかどうかを制御します。doleg を既定値の 'on' にすると表示され、doleg'off' にすると表示されません。

gplotmatrix(x,[],group,clr,sym,siz,doleg,dispopt) は、x のプロット行列の対角線上に表示する対象を指定します。許容される値は、対角線を空白のままにする 'none'、ヒストグラムをプロットする 'hist'、グループ化されたヒストグラムの輪郭を表示する 'stairs' (複数のグループがある場合の既定値)、グループ化されたヒストグラムのバーをプロットする 'grpbars' です。

gplotmatrix(x,[],group,clr,sym,siz,doleg,'variable',xnam) は、x のプロット行列の対角線に沿って変数名を表示します。これらの列は、x 軸と y 軸のラベル付けにも使用されます。

gplotmatrix(x,y,group,clr,sym,siz,doleg,[],xnam,ynam) は、xnamynam で指定された列名を使用して、x 軸と y 軸にラベルを付けます。

xnamynam はそれぞれ、xy の各列に 1 つの名前が対応する文字配列、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列でなければなりません。

[h,ax,bigax] = gplotmatrix(___) は、前のどの入力引数に対してもハンドルの配列を 3 つ返します。h は、グラフ上のラインに対するハンドルの配列です。この配列の 3 番目の次元は、入力引数 group のグループに対応します。ax は、各プロットの座標軸に対するハンドルの行列です。dispopt'hist''stairs' または 'grpbars' である場合、ax に 1 つの行が追加され、ヒストグラムをプロットするための非表示の座標軸に対するハンドルが格納されます。bigax は、プロット行列全体を構成する大きい (非表示の) 座標軸に対するハンドルです。bigax は現在の座標軸に対する点に固定されるので、以後の titlexlabel または ylabel コマンドで生成されるラベルはプロット行列全体に対してセンタリングされます。

すべて折りたたむ

標本データを読み込みます。

load discrim;

ratings 配列には、categories 配列にある 9 種類のカテゴリについて、アメリカ合衆国の 329 の都市を評価した値が含まれています。group 配列には、都市の規模を示すコードが含まれています。上位の 26 都市は 2、それ以外の都市は 1 です。

最初の 2 つのカテゴリ (climate および housing) とカテゴリ 4 (crime) および 7 (arts) を比較する散布図の行列を作成します。大規模な都市と小規模な都市のデータを視覚的に区別できるように、グループ化変数として group を指定します。

figure;
gplotmatrix(ratings(:,1:2),ratings(:,[4 7]),group);

指定した比較対象の散布図の行列が、都市の規模を示すグループ別に色分けされて表示されます。

色やプロットのシンボルを指定したり、軸に評価カテゴリのラベルを付けたりすると、グラフの外観を見やすく調整できます。

figure;
gplotmatrix(ratings(:,1:2),ratings(:,[4 7]),group,...
    'br','.o',[],'on','',categories(1:2,:),...
    categories([4 7],:));

R2006a より前に導入