Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

記述統計と可視化

データのインポートとエクスポート、記述統計、可視化

データを数値的に調べるには、中心傾向、分散、形状、相関などの尺度がある要約統計を生成します。データを可視化するには、一変量、二変量および多変量のプロットを使用します。箱ひげ図、ヒストグラム、確率プロットなどのオプションを使用できます。データにおける自然なグループを見つけるには、階層クラスタリングや k-means クラスタリングなどのクラスター分析手法を使用します。

注目の例