ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

産業用統計

実験計画法 (DOE)、生存時間分析および信頼性分析、統計的工程管理

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、実験の計画、信頼性と生存データの解析、品質管理の処理、およびデータ監視を行うためのツールが用意されています。

実験を計画すると、あるプロセスの結果 (応答) に対して特定の因子がどのような影響を与えるかを判別するために役立ちます。完全実施計画法、一部実施要因計画法、D 最適計画法、準乱数法、応答曲面計画法などの実験計画を立てたり、実験結果を可視化できます。

生存時間分析では、ある事象が発生するまでの時間を学習します。パラメーターの可視化と推定、生存時間関数およびハザード関数の計算、および打ち切られた寿命データまたは打ち切られていない寿命データに対するセミパラメトリック モデルの近似を行います。

統計的な工程管理の手法では、工業工程の品質を監視および評価します。工程能力の測定、ゲージの反復性と再現性の分析、および管理図の使用による工程データの監視を行います。

注目の例