ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

統計量の可視化

データのパターンと傾向の表示

単一変数の分布を調べるには、箱ひげ図やヒストグラムなどの一変量プロットを使用します。変数間の関係を示すには、グループ化された散布図や二変量ヒストグラムなどの二変量プロットを使用します。複数の変数間の関係を可視化するには、アンドリュース プロットやグリフ プロットなどの多変量プロットを使用します。プロットをカスタマイズするには、ケース名、最小二乗線および参照曲線を追加します。

関数

andrewsplotアンドリュース プロット
binScatterPlottall 配列のビンの散布図
biplotバイプロット
boxplot箱ひげ図
glineプロットするラインの対話形式追加
gnameプロットへのケース名の追加
gplotmatrixグループ別散布図の行列
glyphplotグリフ プロット
gscatterグループ別の散布図
hist3二変量ヒストグラム プロット
lsline散布図への最小二乗線の追加
parallelcoords平行座標プロット
refcurveプロットへの参照曲線の追加
reflineプロットへの基準線の追加
scatterhist周辺ヒストグラムをもつ散布図

トピック

箱ひげ図

中央値、四分位数間範囲および百分位数を使用してデータ分布を比較します。

グループ化されたデータを使用した散布図の作成

データ分布およびグループ間の関係を比較します。

多変量データの可視化

この例では、各種の統計プロットを使用して多変量データを視覚化する方法を示します。