ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

andrewsplot

アンドリュース プロット

構文

andrewsplot(X)
andrewsplot(X,...,'Standardize',standopt)
andrewsplot(X,...,'Quantile',alpha)
andrewsplot(X,...,'Group',group)
andrewsplot(X,...,'PropName',PropVal,...)
h = andrewsplot(X,...)

説明

andrewsplot(X) は、行列X に多変量データのアンドリュース プロットを作成します。X の行は観測 (変数の列) に対応します。アンドリュース プロットでは、区間 [0,1] 上で連続するダミー変数 t の関数 f(t) を使用して各観測を表します。f(t) は、X の i 番目の観測について次のように定義されます。

f(t)=X(i,1)/2+X(i,2)sin(2πt)+X(i,3)cos(2πt)+

関数 andrewsplotXNaN 値を欠損値として処理し、対応する行を無視します。

andrewsplot(X,...,'Standardize',standopt) は、standopt が次のいずれかであるアンドリュース プロットを作成します。

  • 'on' — プロットを作成する前に、X の各列を平均が 0 で標準偏差が 1 になるようにスケーリングします。

  • 'PCA' — 固有値の降順で X の主成分スコアからアンドリュース プロットを作成します (pca を参照)。

  • 'PCAStd' — 標準化された主成分スコアを使用してアンドリュース プロットを作成します(pca を参照)。

andrewsplot(X,...,'Quantile',alpha) は、t の各値で f(t) の中央点、alpha、および (1 – alpha) 分位点のみをプロットします。これは、X が多数の観測を含む場合に便利です。

andrewsplot(X,...,'Group',group) は、複数のグループのデータを別の色でプロットします。グループは、各観測値のグループ インデックスが含まれている数値配列 group によって定義されます。group は、各観測値のグループ名が含まれている categorical 配列、文字行列、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列にすることもできます。

andrewsplot(X,...,'PropName',PropVal,...) は、関数 andrewsplot で作成されるすべての lineseries オブジェクトに指定された値にオプションの lineseries オブジェクト プロパティを設定します (Line のプロパティ を参照)。

h = andrewsplot(X,...) は、andrewsplot によってX の行ごとに 1 つ作成される lineseries オブジェクトのハンドルの列ベクトルを返します。'Quantile' 入力パラメーターを使用する場合、h には作成された 3 つの lineseries オブジェクトのそれぞれに 1 つのハンドルが含まれます。'Quantile' 入力パラメーターと 'Group' 入力パラメーターの両方を使用する場合、h には各グループの 3 つのハンドルが含まれます。

すべて折りたたむ

この例では、グループ化された標本データを可視化するためにアンドリュース プロットを作成する方法を示します。

標本データを読み込みます。

load fisheriris

標本データを species でグループ化してアンドリュース プロットを作成します。

andrewsplot(meas,'group',species)

グループごとの中央値と四分位点のみを表示する簡略化した 2 つ目のアンドリュース プロットを作成します。

andrewsplot(meas,'group',species,'quantile',.25)

R2006a より前に導入