ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

glyphplot

構文

glyphplot(X)
glyphplot(X,'glyph','face')
glyphplot(X,'glyph','face','features',f)
glyphplot(X,...,'grid',[rows,cols])
glyphplot(X,...,'grid',[rows,cols],'page',p)
glyphplot(X,...,'centers',C)
glyphplot(X,...,'centers',C,'radius',r)
glyphplot(X,...,'obslabels',labels)
glyphplot(X,...,'standardize',method)
glyphplot(X,...,prop1,val1,...)
h = glyphplot(X,...)

説明

glyphplot(X) は、n 行 p 列の行列 X の多変量データからスター プロットを作成します。X の行は観測値に対応し、列は変数に対応します。スター プロットは、各観測値を "star" として表し、この i 番目のは、観測値の i 番目の座標までの長さに比例します。glyphplot は、プロット前に、区間 [0,1] で各列を別々にシフトおよびスケーリングすることで X を標準化し、可能な限り正方形に近い矩形グリッドの中心にグリフを置きます。glyphplot は、X 内の NaN を欠損値として扱い、X の対応行をプロットしません。glyphplot(X,'glyph','star')glyphplot(X) と同じです。

glyphplot(X,'glyph','face') は、X からフェース プロットを作成します。フェース プロットは、各観測値を "face" として表し、ここで、i 番目の facial feature は、その観測値の i 番目の座標に特徴が比例するように描画されます。特徴量については、フェースの特徴で説明します。

glyphplot(X,'glyph','face','features',f) は、インデックス ベクトル f の i 番目の要素によってどの facial fature が X の i 番目の列を表わすかを定義するフェース プロットを作成します。f は、017 までの整数を含まなければなりません。0 が含まれる場合、X 内の対応する列がプロットされないことを示します。詳細は、フェースの特徴を参照してください。

glyphplot(X,...,'grid',[rows,cols]) は、rowscols 列のグリッドにグリフをまとめます。

glyphplot(X,...,'grid',[rows,cols],'page',p) は、1 ページ以上の rowscols 列のグリッドにグリフを整理し、ページ p を表示します。p がベクトルの場合、glyphplot は連続する複数ページを表示します。p'all' の場合は、glyphplot はすべてのページを表示します。p'scroll' の場合、glyphplot はスクロールバーを使って単一プロットを表示します。

glyphplot(X,...,'centers',C) は、n 行 2 列の行列 C の中心に各グリフを置いたプロットを作成します。

glyphplot(X,...,'centers',C,'radius',r) は、C を使用してグリフの位置を決定したプロットを作成し、最大のグリフが半径 r になるようにスケーリングします。

glyphplot(X,...,'obslabels',labels) は、labels 内のテキストで各グリフにラベルを付けます。既定の設定では、グリフは 1:N でラベルを付けます。空のラベルには '' を使用します。

glyphplot(X,...,'standardize',method) は、プロットを作成する前に X を標準化します。method の選択肢を次に示します。

  • 'column'X の各列を区間 [0,1] に個別にマッピングします。これは既定値です。

  • 'matrix' — 行列 X 全体を区間 [0,1] にマッピングします。

  • 'PCA'X を減少する固有値の順に、主成分スコアに変換し各々を区間 [0,1] にマッピングします。

  • 'off' — 標準化を行いません。X の負の値によって、スター プロットが解釈されない場合があります。

glyphplot(X,...,prop1,val1,...) は、glyphplot で作成されるすべての Line グラフィックス オブジェクトのプロパティに指定したプロパティ値を設定します。

h = glyphplot(X,...) は、glyphplot で作成されるグラフィックス オブジェクトへのハンドルの行列を返します。スター プロットに対して、h(:,1)h(:,2) は、それぞれ各スターの perimeter と spoke に対する line オブジェクトのハンドルを含みます。フェース プロットに対して、h(:,1)h(:,2) は、それぞれ、各フェースを構成するラインと pupil のハンドルを含みます。h(:,3) は、存在する場合、ラベルに対する text オブジェクトのハンドルを含みます。

フェースの特徴

次の表で、ベクトル f の列、'Features' 入力パラメーターの値、およびグリフ プロットのフェースの特徴との間の対応について説明します。X の列が 17 列よりも少ない場合、使用されない特徴量が既定値で表示されます。

フェースの特徴

1

フェースのサイズ

2

額/顎の弧の長さ

3

額の形

4

顎の形

5

目の間の幅

6

目の縦方向の位置

7

目の高さ

8

目の幅 (眉の幅に影響を与えます)

9

目の角度 (眉の角度に影響を与えます)

10

眉の縦方向の位置

11

眉の幅 (目に比例)

12

眉の角度 (目に比例)

13

瞳の方向

14

鼻の長さ

15

口の縦方向の位置

16

口の形

17

口の弧の長さ

すべて折りたたむ

標本データを読み込みます。

load carsmall
X = [Acceleration Displacement Horsepower MPG Weight];

X 上でデータのスター プロットを作成します。プロットの前にデータを標準化します。

glyphplot(X,'standardize','column','obslabels',Model,'grid',[2 2],...
            'page','scroll');

X 上でデータのフェース プロットを作成します。

glyphplot(X,'glyph','face','obslabels',Model,'grid',[2 3],'page',9);

R2006a より前に導入