ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gscatter

グループ別の散布図

構文

gscatter(x,y,g)
gscatter(x,y,g,clr,sym,siz)
gscatter(x,y,g,clr,sym,siz,doleg)
gscatter(x,y,g,clr,sym,siz,doleg,xnam,ynam)
h = gscatter(___)

説明

gscatter(x,y,g) は、g によってグループ化された xy の散布図を作成します。入力 x および y は、同じサイズのベクトルです。

gscatter(x,y,g,clr,sym,siz) は、各グループのマーカーの色 clr、記号 sym、およびサイズ siz を指定します。

gscatter(x,y,g,clr,sym,siz,doleg) は、凡例をグラフに表示するかどうかを制御します。既定では、gscatter は凡例を作成します。

gscatter(x,y,g,clr,sym,siz,doleg,xnam,ynam) は、x 軸のラベルと y 軸のラベルに使用する名前を指定します。xnam および ynam が指定されず、入力 xy が名前をもつ変数の場合、gscatter は座標軸を変数名でラベル付けします。

h = gscatter(___) は、前の構文のいずれかの入力引数を使用して、g 内のグループに対応するグラフィックス ハンドルを返します。

すべて折りたたむ

carsmall データセットを読み込みます。

load carsmall

Displacement の値を x 軸に、Horsepower の値を y 軸にプロットします。gscatter は、座標軸の既定ラベルとして変数名を使用します。Model_Year によってデータ点をグループ化します。

gscatter(Displacement,Horsepower,Model_Year)

discrim データセットを読み込みます。

load discrim

データセットには、9 種類の要素 (気候、住宅、教育、健康など) に基づく都市の評価が含まれています。行列 ratings には評価の情報が含まれています。

気候 (1 列目) と住宅 (2 列目) の評価について、行列 group 内の都市の規模別にグループ化して関係性をプロットします。グループごとに異なる色とプロットのシンボルを選択します。

gscatter(ratings(:,1),ratings(:,2),group,'br','xo')
xlabel('climate')
ylabel('housing')

hospital データセットを読み込みます。

load hospital

入院患者の年齢と体重をプロットします。性別および喫煙者の現状によって患者をグループ化します。o 記号を使用して非喫煙者を表し、* 記号を使用して喫煙者を表します。

x = hospital.Age;
y = hospital.Weight;
g = {hospital.Sex,hospital.Smoker};
gscatter(x,y,g,'rkgb','o*',8,'on','Age','Weight')
legend('Location','northeastoutside')

carbig データセットを読み込みます。

load carbig

AccelerationMPG を比較する散布図を作成します。Origin に基づいてデータ点をグループ化します。

h = gscatter(Acceleration,MPG,Origin)
h = 
  7x1 Line array:

  Line    (USA)
  Line    (France)
  Line    (Japan)
  Line    (Germany)
  Line    (Sweden)
  Line    (Italy)
  Line    (England)

(Japan) というラベルのグループに対応する Line オブジェクトを表示します。

jgroup = h(3)
jgroup = 
  Line (Japan) with properties:

              Color: [0.2857 1 0]
          LineStyle: 'none'
          LineWidth: 0.5000
             Marker: '.'
         MarkerSize: 15
    MarkerFaceColor: 'none'
              XData: [1x79 double]
              YData: [1x79 double]
              ZData: [1x0 double]

  Show all properties

Japan グループのマーカーの色を黒に変更します。

jgroup.Color = 'k';

入力引数

すべて折りたたむ

x 軸の値。数値ベクトルを指定します。x のサイズは y と同じでなければなりません。

データ型: single | double

y 軸の値。数値ベクトルを指定します。y のサイズは x と同じでなければなりません。

データ型: single | double

グループ化変数。categorical ベクトル、logical ベクトル、数値ベクトル、文字配列、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列を指定します。g は、いくつかのグループ化変数 ({g1 g2 g3} など) を含む cell 配列となることもあります。この場合、グループ化変数のすべてについて共通の値をもつ場合、観測は同じグループに属します。同じグループの点は、同じマーカーの色、記号およびサイズで散布図に表示されます。

例: species

例: {Cylinders,Origin}

データ型: categorical | logical | single | double | char | string | cell

マーカーの色。関数 plot が認識する色の文字ベクトルまたは string スカラー、または RGB 3 成分値の行列を指定します。各 RGB 3 成分は、各要素がそれぞれ色の赤、緑および青の成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。各強度は、[0,1] の範囲内でなければなりません。

次の表は、使用可能な色指定文字および対応する RGB 3 成分の値の一覧です。

完全名省略名RGB 3 成分
'y'[1 1 0]
マゼンタ'm'[1 0 1]
シアン'c'[0 1 1]
'r'[1 0 0]
'g'[0 1 0]
'b'[0 0 1]
'w'[1 1 1]
'k'[0 0 0]

十分な値が指定されていないグループがある場合、必要に応じて gscatter は指定された値を繰り返します。

例: 'rgb'

例: [0 0 1; 0 0 0]

データ型: char | string | single | double

マーカーの記号。関数 plot が認識する記号の文字ベクトルまたは string スカラーを指定します。次の表は、使用できるマーカーの記号の一覧です。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
's'正方形
'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'p'星形五角形
'h'星形六角形
'none'マーカーなし

十分な値が指定されていないグループがある場合、必要に応じて gscatter は指定された値を繰り返します。

例: 'o+*v'

データ型: char | string

マーカーのサイズ。ポイント単位の正の数値ベクトルを指定します。既定値は、観測値の個数によって決定されます。十分な値が指定されていないグループがある場合、必要に応じて gscatter は指定された値を繰り返します。

例: [6 12]

データ型: single | double

凡例を含めるオプション。'on' または 'off' のいずれかを指定します。既定では、凡例がグラフに表示されます。

x 軸のラベル。文字ベクトルまたは string スカラーを指定します。

データ型: char | string

y 軸のラベル。文字ベクトルまたは string スカラーを指定します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

グラフィックス ハンドル。Line オブジェクトの配列として返されます。各 Line オブジェクトは、g 内のいずれかのグループに対応します。ドット表記を使用して、line オブジェクトのプロパティのクエリと設定を行うことができます。Line オブジェクトのプロパティの一覧については、Line のプロパティ を参照してください。

R2006a より前に導入