Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

記述統計

数値的要約と関連尺度

中心傾向、分散、形状、相関、共分散などの尺度がある記述統計を標本データから計算します。データを集計およびクロス集計し、グループ化したデータについて要約統計を計算します。

関数

すべて展開する

geomean幾何平均
harmmean調和平均
trimmean外れ値を除外した平均値
kurtosis尖度
moment中心モーメント
skewness歪度
range値の範囲
iqr四分位数間範囲
mad平均または中央絶対偏差
prctileデータセットの百分位数
quantileデータセットの分位数
zscore標準化された z スコア
corr線形相関または順位相関
robustcovロバスト多変量共分散および平均の推定
cholcovコレスキーのような共分散分解
corrcov共分散行列の相関行列への変換
partialcorr線形または順位偏相関係数
partialcorri内部変数向けに調整された偏相関係数
nearcorrフロベニウス距離を最小化することで最近相関行列を計算します。
grpstatsグループ別に整理された要約統計
tabulate度数分布表
crosstabクロス集計
tiedrank同順位の順位調整

トピック

データの探索的解析

記述統計を使用してデータの分布を調べます。

中心傾向の尺度

適切なスケールでデータの分布の位置を決定します。

ばらつきの尺度

数直線上にデータ値がどのように広がっているかを調べます。

分位数と百分位数

Statistics and Machine Learning Toolbox™ で分位数と百分位数を計算する方法を学びます。

グループ化変数

グループ化変数は観測値のグループ化または分類に使用されるユーティリティ変数です。