ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tiedrank

同順位の順位調整

構文

[R,TIEADJ] = tiedrank(X)
[R,TIEADJ] = tiedrank(X,1)
[R,TIEADJ] = tiedrank(X,0,1)

説明

[R,TIEADJ] = tiedrank(X) は、ベクトル X の値の順位を計算します。X 値に同順位のものがある場合、tiedrank はその平均順位を計算します。戻り値 TIEADJ は、ノンパラメトリック検定 signrankranksum、およびスピアマンの順位相関で必要になる同順位調整値です。

[R,TIEADJ] = tiedrank(X,1) は、ベクトル X に含まれている値の順位を計算します。TIEADJ は、同順位に対する 3 つの調整値が含まれているベクトルで、ケンドールの tau の計算で必要となります。tiedrank(X,0)tiedrank(X) と同じです。

[R,TIEADJ] = tiedrank(X,0,1) は、最小値と最大値の順位が 1、次に小さい値と次に大きい値の順位が 2 になるように、両側からの順位を計算します。これらの順位は、アンサリ・ブラッドリー検定で使用されます。

最小から最大にカウントすると、2 個の値 20 は 2 位と 3 位になり、その平均で両方が 2.5 位になります。

tiedrank([10 20 30 40 20])
ans =
    1.0000    2.5000    4.0000    5.0000    2.5000 

アルゴリズム

tiedrank は、XNaN を欠損値として扱い、無視します。出力引数 R における NaN の順位は NaN です。

R2006a より前に導入