ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

grp2idx

グループ化変数からのインデックス ベクトルの作成

説明

[g,gN] = grp2idx(s) は、グループ化変数 s からインデックス ベクトル g を作成します。出力 g は、1 からグループの個数 K までの整数値のベクトルです。gN は、グループ名のリストを表す文字ベクトルの cell 配列です。

[g,gN,gL] = grp2idx(s) は、グループ レベルのリストを表す列ベクトル gLs と同じデータ型で返します。

すべて折りたたむ

discretize を使用して categorical ベクトルを作成し、grp2idx を使用してインデックス ベクトルに変換します。

hospital データセットを読み込み、10 年単位の年齢を表すカテゴリカル値に hospital.Ages の年齢を変換します。

load hospital
edges = 0:10:100; % Bin edges
labels = strcat(num2str((0:10:90)','%d'),{'s'}); % Labels for the bins
s = discretize(hospital.Age,edges,'Categorical',labels);

最初の 5 つの標本について、年齢と年齢のグループを表示します。

ages = hospital.Age(1:5)
ages = 5×1

    38
    43
    38
    40
    49

groups = s(1:5)
groups = 5x1 categorical array
     30s 
     40s 
     30s 
     40s 
     40s 

categorical ベクトル s からインデックス ベクトルを作成します。

[g,gN,gL] = grp2idx(s);

最初の 5 つの標本に対応するインデックス値を表示します。

g(1:5)
ans = 5×1

     4
     5
     4
     5
     5

出力 gL を使用して入力引数 s を再現します。

gL(g(1:5))
ans = 5x1 categorical array
     30s 
     40s 
     30s 
     40s 
     40s 

gN(g) を使用して、入力引数 s を文字ベクトルの cell 配列として再現します。

gN(g(1:5))
ans = 5x1 cell array
    {'30s'}
    {'40s'}
    {'30s'}
    {'40s'}
    {'40s'}

入力引数

すべて折りたたむ

グループ化変数。各行がグループ ラベルを表す categorical ベクトル、数値ベクトル、logical ベクトル、datetime ベクトル、duration ベクトル、string 配列、文字ベクトルの cell 配列、または文字配列を指定します。

grp2idx は、s 内の NaN (数値、duration、logical)、'' (空の文字配列または文字ベクトルの cell 配列)、"" (空の string)、<missing> 値 (string)、<undefined> 値 (categorical)、および NaT (datetime) を欠損値として扱い、対応する g の行に NaN を返します。欠損値に対応するエントリは出力 gN および gL に含まれません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | cell | カテゴリカル | datetime | duration

出力引数

すべて折りたたむ

グループ インデックス。1 から s 内のグループの個数 K までの値による正の整数ベクトルとして返されます。

グループ名のリスト。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

gN の順序は、グループ化変数 s のデータ型に応じて変わります。

  • 数値および logical ベクトルの場合、s の並べ替え順序になります。

  • categorical ベクトルの場合、categories(s) の順序になります。

  • 他のデータ型の場合、s に最初に現れた順序になります。

gN(g)s の内容を cell 配列で再現します。

グループ レベルのリスト。s と同じデータ型、つまり、各行がグループ ラベルを表す categorical ベクトル、数値ベクトル、logical ベクトル、datetime ベクトル、duration ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または文字配列として返されます。(string 配列は文字ベクトルの cell 配列として扱われます)。

gL 内の一連のグループおよびその順序は gN と同じですが、gL のデータ型は s と同じです。

s が文字行列の場合、sgL(g,:) で再現され、それ以外の場合 sgL(g) で再現されます。

拡張機能

R2006a より前に導入